失敗しないトイレトレーニングの誘い方とは?

コラム
公開日:2016/02/07
更新日:2016/08/25
失敗しないトイレトレーニングの誘い方とは?
準備もそろってさあ、トイレトレーニングをはじめよう!と思っても、どうやって誘ったらいいのかはじめてのママはいまいちつかめないのではないでしょうか。トイレの環境を整えたり、おまるを用意したら、誘い方もひと工夫を。これから4つの基本的な誘い方を紹介。我が子の行動をよく観察しながら進めてみましょう。

外出の前後にトイレに行くのも習慣にしやすいタイミング

決まったタイミングにトイレに行く習慣をつける……。就寝前後、お風呂の前、食事のあとなどとともに、外に出掛ける前、外から帰ってきたあと、というのも習慣にしやすいタイミングです。外遊びの前に「トイレでチーしてからお外に行こう!」と一声かけてみましょう。帰ったときも同様に、トイレに行くことと、洗面所で手を洗うことをセットにしてみて。

おしっこの間隔を見きわめ、二時間おきなど時間を決めて誘ってみる

トレーニングを始めたばかりのころは、誘う回数は一日に2~3回です。それで一度でもトイレでおしっこができたら、次は二時間おき、三時間おきと時間を決めて誘ってみましょう。おしっこの間隔がかなりあく子どももいますから、その子の間隔をある程度把握しておくといいですね。ただし、時間ピッタリだからと無理矢理連れていくのは失敗のもと。無理強いは避けましょう。

この表情は! 子どもの様子で「おしっこタイミング」を知ろう

膀胱におしっこがたまると、子どもの表情や態度に微妙な変化が出てきます。遊んでいたのに急にモゾモゾと落ち着かない様子になったり、キョトンとしたような、とまどったような表情をしたときは、「おしっこが出そう」サインかも。普段から表情をよく観察し、これは!?というときに「トイレでチーしようか?」と誘ってみましょう。うまくいったら、思いっきりほめてあげてください。

夢中で遊んでいるときに無理に誘うのは失敗のもと

そろそろおしっこが出そうな時間だとわかっていても、遊びに夢中のときに誘うのはよくありません。誘っても断られるでしょうし、無理に誘えばトイレ嫌いになることも。トレーニングを始めたらママは大きく構えて子ども側の都合にも配慮したいもの。遊びながらもらしてしまうのも一時のこと。一区切りついてから誘い、成功すればラッキー!というぐらいの余裕をもちましょう。

出典:トイレトレーニングが成功する100のコツ  ※情報は掲載時のものになります。

あなたにおすすめ

注目コラム