卒乳目的で授乳を減らしたら乳腺炎に。卒乳すべきか迷います(1才2カ月)

コラム
公開日:2015/02/07
更新日:2018/01/12
卒乳目的で授乳を減らしたら乳腺炎に。卒乳すべきか迷います(1才2カ月)

Q そろそろ卒乳を考えて、授乳の回数を減らしたところ乳腺炎になってしまいました

A.卒乳を決めたらのなら、産科で薬を処方してもらっても

ママが「卒乳しよう」と決めたなら、薬で母乳を止める方法もあります。ちょこちょこあげることでおっぱいが張ってしまったり、乳腺炎の症状が出てしまうなら、ママの体のために産科で薬を処方してもらうのも手です。
もちろんおっぱいが出なくなっても、精神安定のために吸わせても大丈夫。フォローアップミルクを飲んでいて、日中はおっぱいがなくても大丈夫なら、一気に切り替えても問題ないと思います。

B20160212nagasawa02

Mちゃん(1才2カ月)
(身長77.3㎝/体重9440g)

「1才になる3週間くらい前から一歩ずつあんよ、今は靴をはいてお外をぐんぐん歩きます。『いただきます』のときは手を合わせて、ちょっと頭を下げたり『こんにちは』でもペコリ。絵本を見ながら『ワンワン』『ニャンニャン』など言葉を発するようになりました。まめぐるしい成長ぶりに驚かされるばかりです」(ママ)

お答え/わたなべ医院副院長 渡辺とよこ先生 
札幌医科大学医学部卒業後、国立小児病院新生児科(NICU)や東京都立墨東病院周産期センター新生児科部長、同病院副院長をへて2014年より現職に。多くの乳幼児をみてきた渡辺先生ならではの、的確で親切な助言が好評。これまで『母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本』(主婦の友社)など監修に携わった育児本多数。
出典:Baby-mo(ベビモ)2014秋冬号「成長ダイアリー」
※情報は掲載時のものです

あわせて読みたいおすすめ記事!
卒乳時期はいつがベスト?方法や進め方&先輩ママ経験談紹介【医師監修】

あなたにおすすめ

注目コラム