はじめての妊婦健診、最初から最後まで追っかけ!

コラム
公開日:2015/12/24
はじめての妊婦健診、最初から最後まで追っかけ!

妊娠したら必ず受ける妊婦健診。いったいどんなことをして、何を調べるのでしょうか。初めての経験だけにわからないことだらけですよね。ということで妊婦健診でなにをするのか最初から最後まで追っかけてみました。ママと赤ちゃんのために欠かさず受ける健診のすべてをチェック。

妊婦健診っていつ受けるの?

■妊娠2ヵ月(4~7週)>>1~2週に1回 正常な妊娠かどうかを確認。胎児は、脊髄ができ心臓も鼓動を打ち始めます。 ■妊娠3~4ヵ月(8~15週)>>2~4週に1回 病気や異常をチェック。出産予定日も確定します。つわりの時期でもあります。 ■妊娠5~6ヵ月(16週~23週)>>4週に1回 順調な妊娠のための体調管理を。胎児の動きが活発になり、胎動も始まるころ。 ■妊娠7~9ヵ月(24~35週)>>2週に1回 妊娠高血圧症候群や切迫早産などトラブルの兆候がないかを注意しましょう。 ■妊娠10ヵ月(36~39週)>>1週に1回 いよいよ出産が間近に。母子ともに万全の状態でのぞめるように健診の回数が増えます。 ※上記は目安です。産院や妊娠経過により異なる場合があります。 [ページ区切り]

妊婦健診スタートからお会計まで

1.受付で初診の手続き 母子健康手帳、健康保険証、検診票などを提出し、初診の手続きをしてもらう間に、渡された問診票に記入をします。初めて聞かされることが多いと思いますが、正直に書きましょう。 2.尿検査で尿糖や尿たんぱくの有無を調べます 初診では妊娠すると分泌されるHCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが含まれているか、妊娠反応を確認。妊娠が確定したら、次回以降は尿糖や尿たんぱくをチェックして、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などにかかっていないか調べます。尿検査によって自覚症状のでにくい病気を早期発見できるメリットがあります。 3.体重測定=適正範囲内での体重増加かチェック 妊娠中の急激な体重増加は妊娠高血圧症候群など、出産に影響のあるトラブルを引き起こすことが。また、体重が少なすぎても赤ちゃんに栄養が行きわたらず、将来影響がでる危険性があります。妊娠時の体重が、体格指数(BMI)=体重(kg)÷身長(m)☓身長(m)の適正範囲(18.5以上25.0未満)にあるように体重管理をしていきましょう。 4.血圧測定で妊娠高血圧症候群の兆候をチェック 妊娠高血圧症候群になると赤ちゃんの成長を妨げ、早産のリスクを高めますが、自覚症状はほとんどありません。重症化すると母子ともに危険なので、毎回の血圧測定で早めに発見、治療をしましょう。最高血圧140mmHG以上、最低血圧90mmHG以上が高血圧なので要注意です。 5.貧血、感染症の有無を調べるために血液検査 妊娠中に多いのが鉄欠乏性です。貧血になると赤ちゃんに十分な血液が送れなくなり、母体も衰弱。自覚症状がないうちに進んでいることもあるので、血液検査で貧血の度合いを調べます。肝炎などの感染症や病原体の有無も調べ、トラブルがある場合は早めに対処します。血液検査は、通常、妊娠初期に数回行います。 6.内診&超音波検査で子宮内の様子を確認 mmj2015122103 内診は、妊娠の初期と臨月に行い、子宮のかたさや卵巣お以上の有無などを調べます。初めての妊婦さんにとっては不安なものですが、最近はカーテンで仕切られた側で下着を脱ぎ、イスに腰掛けるだけで自動的に脚が開かれた状態になる内診台が多くなっており、心の負担が軽くなるよう配慮されています。妊娠初期には、経膣プローブによる超音波検査で子宮内に妊娠しているか、赤ちゃんの心拍はあるかをチェックし、正常な妊娠か確認します。 mmj2015122104 「膣鏡」という器具を膣内に挿入し、膣壁や子宮口を視診します。必要に応じて頸管分泌物を採取して調べることもあります。 また、超音波ブローブを膣に挿入し、子宮や卵巣の状態をモニター画面から観察する方法です。胎児の成長の度合いや異常の有無を調べます。 7.問診では正直にこたえ、聞きたいことは質問を 初診時に記入した問診票をもとに、これまでにかかった病気や手術の有無、最近の健康状態や服用している薬などの質問に答えていきます。これが自分の基礎データとなるので、間違いのないよう、病歴の時期、月経の周期や時期、服用中の薬の名前など事前にメモしておくと安心。気になることは、ここでなるべく聞きましょう。 8.自治体の健診補助券を利用して会計 mmj2015122102 すべての検査を終えたら会計&次回の健診予約をします。金額は地域や病院によって多少前後しますが、自治体から支給される補助券(妊婦健康診査受診票)を利用すれば自己負担が減ります。合併症は別途、治療費が必要です。

今回訪れたのは…育良クリニック ママとしての第一歩は、妊婦健診から。安心の技術とあたたかいケアでサポートしてくれる人気クリニック。
出典:2015秋冬First Pre-moより ※情報は掲載時のものになります。

あなたにおすすめ

注目コラム