スムーズに職場復帰する6つの心得!

コラム
公開日:2015/12/03
スムーズに職場復帰する6つの心得!

今年もあと一ヶ月ほど。そして、来年の春から職場復帰をする予定のママも少なからずいると思います。職場復帰後も、仕事と育児の両立がうまくできるのか、子どもにさびしい思いをさせてしまうのではないか……不安はつきません。でも先輩ママからは「意外になんとかなった」という声が多かったのも事実。あまり気負いすぎず、新生活をスタートさせましょう。ここでは先輩ママたちの体験談やメッセージなどを紹介するとともに、上手に職場復帰する6つのコツを伝授。是非参考にしてみてください。

心得1 夫のサポート必須! 周囲を味方につけておくべし

妊娠中から、仕事復帰したあとの育児の仕方、保育園の入園のことなどなんでも相談するのがコツ。家事や育児をママ一人でやってしまうとそれが当たり前になってしまい、復帰後が大変に! 「育児、家事は分担する」という意識をパパがもってくれるよう、日頃からよく話し合いましょう。

心得2 最初の一ヶ月は仕事にならなくても仕方ない

保育園に通い始めたばかりの子どもが毎朝ぐずったり、久しぶりの満員電車に疲れたり、職場が変化していてまるで浦島太郎状態だったり……。肉体的にも精神的にも、仕事の感覚が戻るまでに時間がかかるのは当たり前。徐々に慣らしましょう!

心得3 子どもの発熱など不測の事態に備えて仕事は前倒し!

子どもは小さいうちは体調が不安定。朝は平熱でも、急に熱が出て保育園から呼び出される……。なんてことはしょっちゅう! 職場に迷惑をかけないよう、できる限りは仕事は前倒しにしましょう。子どもが少しでも体調が悪そうなら外出の予定をキャンセルするなど、体調管理も万全に。

心得4 平日会える時間が少ない分、休日は思いっきり愛情チャージ!

「小さいうちから保育園に通っていると、親の愛情不足になってしまうのでは」と心配するママも多くいます。でも、一緒に過ごす時間の長さより、いかに密度の濃い時間を過ごすかが大事。週末は子どもとのスキンシップをたっぷり心がけて。ぎゅっと凝縮された愛情深い時間を過ごして。

心得5 家事の手抜きはOK! 自分に甘くするのも大事

家事も仕事も完璧にこなしたくても、気負い過ぎはNG! 家事は少しくらいの手抜きなら大丈夫。出前、お掃除業者など、外注することも考えましょう。体をこわしてしまっては元も子もないので、疲れた時は休息を優先。これから長く続くワーキングママ生活、マイペースに過ごして。

心得6 週末は作りおき料理と掃除を一気にして、平日の負担を減らす

平日5日分の献立をざっくり決めて、週末にまとめて買い物をするママが多数派。野菜は下処理をすませ、密閉袋に保存。ミートボール、トマトソース、ホワイトソースなど、ぱっとアレンジできるものは常に冷凍庫にストックしておくと便利です。

先輩ママからの応援メッセージ

妊娠中は将来のことを考え、ゆううつになったりしたけど、出産したら精神的にも強くなりました。がんばるママはあなた一人じゃないから大丈夫!(Nさん・アルバイト・産後3ヶ月)

毎日疲れてへとへとだけど、そのかわり充実感はすごくありますよ! 毎晩子どもの寝顔を眺めて元気をチャージしながら、がんばっています。(Tさん・教員・産後7ヶ月)

突発的な休みや早退が多くなるので、復帰する際に育児の状況を話しておきました。男性ばかりでしたが、なんとなく理解してくれたみたい。(Hさん・会社員・産後2年)

そのほかワーキングママに関することはFirst Pre-moをチェック!

ms20150910ks02アマゾンで買う

出典:First Pre-mo2015秋冬より ※情報は掲載時のものになります。

あなたにおすすめ

注目コラム