ママの体験談 高齢出産でよかった!ランキングBEST5

コラム
公開日:2015/11/27
ママの体験談 高齢出産でよかった!ランキングBEST5

高齢出産は体力的につらそう、20代よりリスクが高くなりそうなど、ネガティブなイメージがついてまわりがち。だけど、年齢を重ねたからこそ、よかったと思えることがたくさんあります。そんな経験談を先輩ママから聞いてみました。なるほどなコメントが盛りだくさん。そのベスト5をお届けします!

5位 金銭面でゆとりがある

アラフォーになってからの妊娠・出産では、それまで仕事を続けてきたので「若いころよりはプチぜいたくができる」という、うらやましい人もチラホラ。若いころより体力がなくなった分をお金でカバーできることが、アラフォーママにとっては大事なポイントかも。

【mamaコメント】

今は育休中ですが、自分も仕事をしていて少しゆとりがあったので、出産は地元で評判の良い産院を選びました。パジャマや下着は貸し出してくれ、個室でのんびり過ごせて、快適でした。最近は私の息抜きもかねて、子どもの習い事を始めています。(Kさん・36才、Eちゃん・1才)

仕事一筋でキャリアを積んできて、40才で結婚。夫も私もお互い管理職で経済的にちょっと余裕があるので、この時期でよかったなと思っています。とりあえずいくつか買って試してからいちばん合うベビー用品を使ったりできて、満足しています。(Yさん・42才、Aちゃん・5カ月)

4位 遊びも仕事も若い時にやりきったので心残りがない

「一番自由に過ごせる20代、30代を、自分のやりたいようにやってこられた」と感じているのも、アラフォー妊婦さんの特徴のひとつかもしれません。その満足感や達成感が、育児という次のステージのエネルギーになっているようです。

【mamaコメント】

結婚するまで客室乗務員をしていたので、N.Yやロンドンでミュージカルを観たり、アフタヌーンティーをしたりしていました。20~30代の心も体もパワフルで充実していた時期を、大好きな仕事と趣味で楽しんだので、今は育児という新しい世界を楽しめています。(Aさん・42才、Tくん・1才)

20代~30代前半はとにかく仕事に打ち込んでいました。夫と付き合い始めたのはある程度仕事が落ち着いたころ。自然な流れで結婚しました。今は仕事のペースを落として、育児と両立。あのころ全力で過ごしたからこそ、今子育てをがんばれるんだと思います。(Kさん・36才、Kちゃん・1才)

3位 先輩ママたちなど、まわりに助けてもらえる

アラフォーになると、友達や姉妹がすでに出産していることも多く、「妊娠中の不安な気持ちを聞いてもらえるし、わかってくれる」など、先輩ママたちが頼りになるという声も。マタニティウエアやベビー服を譲ってもらえて助かる!との声、多数でした。

【mamaコメント】

12年ぶりの出産で、妊娠中は上の子が中3、下の子が小6でした。体調が悪い時には掃除や洗濯などのほか、簡単な料理や大きくなったおなかではつらいお風呂掃除もしてくれて、うれしかったです。産後も頼もしく、この時期でよかったです!(Mさん・38才、Oくん7カ月)

仕事、家庭、子どものことをバランスよくやっていけそうな時期の出産でした。友だちからマタニティーウエアなどを譲ってもらえただけでなく、逆子で不安だったときに「自分もそうだったけどなおった」という経験だなども聞けて心強かったです。

2位 子どものことを最優先に考えて行動できる

4位の心残りがなく育児ができるというのと共通していますが、アラフォーになるまでに重ねてきた時間や経験が、ママを素敵な大人の女性にしてくれたのかもしれません。

【mamaコメント】

超スピード出産と思いきや、長引いて最後は吸引分娩に。アラフォーでの出産は大変だと実感しました。でも、育児では感情のコントロールができるのが強み。子どもの要求にどんなときでもこたえられる余裕があります。就寝中に起こされたり、食事中に泣かれたり、そんなこともプラスに変えられるのは年齢を重ねたから。(Kさん・39才、Yくん・2才)

以前はダンサーとして活動していて、36才で出産しました。もし若い時に産んでいたら、「まだまだ踊りたい!」とか思って、自分優先で行動してしまっていたかもしれません。自分の時間を思う存分有意義に過ごせてきたので、今は子どもをいちばんに考えて行動できるし、体力的に大変なことはあっても、がんばれます!(Tさん・36才、Hちゃん・8カ月)

1位 ささいなことではイライラせず、おおらかな気持ちで子育てできる

ママたちの声でいちばん多かったのは「気持ちに余裕がある」ということ。今までのいろいろな経験が、どっしり構えて育児できることにつながっているようです。その分、ストレスを感じることも少なく、「育児が楽しい!」というママがたくさんいました。

【mamaコメント】

思っていたより育児がラクに感じるのは、この年齢になったからだと思います。おむつもきれいでおなかもいっぱいなのに泣き止まないときや、せっかくがんばって作った離乳食お皿ごとひっくり返されてしまったときなども、「まぁ、こういうこともあるさ」と気にせず流すことができるので、気持ちがいつも安定しています。(Nさん・36才、Rちゃん1才)

26才で結婚、15年目で授かりました。そのせいもあって、娘にできないことがあっても、他の子と比べることなく「いずれできるようになるでしょ~」と見守れます。お財布を床に置いたままにしていてお札を破られたこともあり、若かったら怒ったと思うのですが、「手が届くところに置いていた自分が悪い」と冷静になれました。(Tさん・42才、Mちゃん・1才)

このほか高齢出産については発売中のFirst Pre-moで!

ms20150910ks02

buy-button-amazon

出典:2015秋冬First Pre-mo ※情報は掲載時のものになります。

あなたにおすすめ

注目コラム