専門家へのQ&Aで不安を解消して、妊娠中のセックスを楽しもう!

コラム
公開日:2015/11/23
更新日:2016/08/23
専門家へのQ&Aで不安を解消して、妊娠中のセックスを楽しもう!

妊娠中に夫婦のコミュニケーションとしてセックスを…と思うことはないですか? 一方で、大きなおなかでセックスをするのは不安もありますよね。妊娠中のセックスで気をつけた方が良い体位をはじめ、気になる疑問を産婦人科医の三浦先生にお答えいただきました。

Q.セックスで破水することはないの?

A.セックスと破水は無関係。でも、浅めの挿入を心がけましょう。

セックスそのものの刺激では破水を引き起こすことはありません。ただし、コンドームを使用しないセックスで雑菌が入り、それが原因で子宮に炎症が起きると前期破水を引き起こす危険性があります。浅めの挿入を心がける、コンドームは必ず使用するなど、なるべくトラブルを回避するようなセックスの方法を、この機会に夫婦で話し合ってみては。

Q.臨月になったらセックスは控えたほうがいい?

A.出産間近なので、よりソフトなセックスを

妊娠経過が順調で夫婦ともにセックスを求めるのであれば、臨月でも問題はありません。ただし、臨月になると赤ちゃんが下がってきて出産へのカウントダウンが始まります。それを意識したうえで、ソフトなセックスを心がけましょう。途中で気分が悪くなったり、体に少しでも異変を感じたときは、すぐにやめて様子を見ましょう。必要であれば産婦人科を受診してください。

Q.妊娠中は体位に気をつけたほうがいいって本当?

A.母体に負担をかけない体位が基本です

妊娠中は、「おなかを圧迫しない」「深く挿入しない」「母体に負担がかからない」体位で行うのが大原則。下に妊娠中におすすめの体位を紹介していますが、合う・合わない体位は人それぞれです。正常位でスタートしてみて疲れたらポジションを買えるなど、リラックスしてセックスを楽しめる体位を夫婦で探してみて。

【プレママvoice】

後背位が好きだったけど、深く突かれるから赤ちゃんが心配で、それからは私が上になったり、座って向き合ったり、奥まで入らない体位でしています。(Kさん・妊娠8カ月)

妊娠中におすすめの体位

■女性上位

mama20151121osa01

女性が挿入の深さや動きなどをコントロールできる体位がコレ。ただし、男性が下から激しく動かないことが大前提です。女性もおなかに負担がかからないようゆっくり動くようにしましょう。おなかが大きくなる中期以降におすすめ。

■座位

mama20151121osa08

大きくなったおなかを圧迫することなくセックスができます。向かい合うことで男性だけに主導権が渡らないので、挿入の深さや動きを女性がセーブ可能。後ろから抱きしめられるような形の座位は挿入ししてもあまり動けないので、交わっている感覚を楽しんで。

■正常位

mama20151121osa04

正常位はおなかが大きいと苦しい体位です。苦しいと感じるまでは正常位でもOKですが、深く挿入できないよう女性は足の曲げすぎに注意して。ベッドなどを使うと女性に男性の体重がかからないので、おなかへの圧迫を防ぐことができます。

■後背位

mama20151121osa06

バッグはベッドなどを使うと体を支えられます。ただし、バックは挿入が深くなりがちなので、挿入は浅めが基本。中・後期であお向けもうつ伏せもきつくなったら、横向きで後ろから挿入するスタイルがオススメ。女性も疲れず、挿入も浅めになるので◎。

20151110144342

お話/みうらレディースクリニック 三浦直美先生
日本医科大学医学部卒業。海老名総合病院や葛飾赤十字病院をへて、産婦人科医の夫とともに2014年、神奈川県の茅ヶ崎に「みうらレディースクリニック」を開院。同クリニックの副医院長として、11才、8才、6才の男の子3人のママとして、多忙な日々を送っています。

ms20151010ks04

buy-button-amazon

出典/Pre-mo 2015~2016「ママも赤ちゃんも安心♡な妊娠中のSEXガイド」
※情報は掲載時のものです
イラスト/スギザキメグミ

あなたにおすすめ

注目コラム