妊婦さん必見!イマドキ胎教とそれにまつわるQ&A

コラム
公開日:2015/10/18
更新日:2016/08/24
妊婦さん必見!イマドキ胎教とそれにまつわるQ&A

「胎教」と聞いて、どんなイメージをもちますか?胎児期からの超英才教育?モーツァルトを聞くこと?天才児の育成!?一時期のブームが去り「胎教なんて意味ないのでは?」と思う人も増えてきたようです。でも、胎教ってどうやら本当にいいらしいのですが、それはなぜなのでしょう。

イマドキの胎教事情と背景は

s20151013osanai00

2015年の今、どんな胎教がなされているのでしょうか。プレモ卒業生ママ100人へのアンケートで「胎教をしていましたか?」と質問した結果「していた」ママは64人。
具体的には「話しかける」「音楽を聴く」などをしていました。
昔のように、胎児期からガッツリ勉強させようと思う人たちは、先輩ママにはあまりいないようです。
その理由について、脳科学者の成田直子先生は説明します。
「超早期教育的な胎教ブームから20~30年たちましたが、『胎教で天才が育った』という話は聞きません。
それよりも胎児期に脳を健全に育て、ママと赤ちゃんがストレスなく過ごすための”胎教”が大事だと考えられてきたのではないかでしょうか」

胎教ってそもそも何なの?

DMA-2

Q.胎教の目的は? A.リラックスとイメトレ
目的のひとつはママのリラックス。ストレスを解消し母体をいい状態に保ちます。もうひとつは、赤ちゃんとの絆を深め、ママになるイメージトレーニングをするためです。

Q.何をするの? A.ママが充実できれば何でもOK
実ははっきりした定義がないので、ママがくつろいでおなかの赤ちゃんとコミュニケーションがとれるなら何でも。人気のTOP3は「語りかけ」「音楽を聴く」「絵本の読み聞かせ」です。

Q.天才児になる? A.証明はされていません
胎教を受けた子のほうが、脳の働きがよくなるなどの証明はされていません。しかし、ママたちの実感として「胎教した子は育てやすい」という声もあります。

Q.クラシック音楽がいいの? A.α波は出るといわれます
モーツァルトなどを聴くと、α波と呼ばれる脳波がでやすいといわれます。α波はリラックス時に出るので、ママと赤ちゃんのリラックスにも役立つと考えられているのです。

ママやパパの愛情を赤ちゃんに伝えることが1番の胎教

DMA-7

では、今本当に大切な「胎教」とは何なのでしょうか。脳の発達を専門とする成田先生は「まずはヒトとしての本来の機能をそこなわずに成長できるよう、十分考慮すること」といいます。「脳細胞がつくられる胎児期に、お酒、タバコやストレスから起こる体調の変化が胎児に悪影響を及ぼすことは十分知られています。胎教を意識することで、”これは赤ちゃんにどう影響するんだろう”と考えることができます」

産婦人科医の池川明先生は、「ママやパパの愛情を赤ちゃんに伝えることこそが最良の胎教」といいます。池川先生は長く「胎内記憶」の調査・研究を続けてきたことで、「胎児はおなかの中で、ママやパパの愛情や不安をダイレクトに感じている」と確信しているそうです。「胎児期に親の愛情を実感できた赤ちゃんは、誕生直後から落ち着いていますよ。お母さんもそうですね。赤ちゃんを常にイメージしていたので、出産後も”ああ、こうしてほしいんだな”と理解しやすい。子育てが上手になるんです」フィンランドの調査では、出産直後のママの幸福感が、子どもの神経発達、運動能力発達、社会性の発達に大きくかかわっていることがわかっていると池川先生は言います。「胎教は妊娠に気づいたら始めて、赤ちゃんへの愛情を実感してください。いいことがいっぱいありますよ」

監修/池川 明先生
 池川クリニック(神奈川県横浜市)院長。2001年に「胎内記憶」について発表して話題となり、現在も産科医として出産に立ち会いながら胎内記憶の調査を進める。著書に『おなかの中から始める子育て』(サンマーク出版)など多数。
監修/脳科学者 成田奈緒子先生
小児科専門医。
発達脳科学者としての蓄積と、小児科臨床の豊富な経験をもとに育児相談室「子育て科学アクシス」を主宰。ワークショップなどを通じて子育に迷う親たちの悩みを受け止める。高校生の女の子の母親。

ms20150918ks02buy-button-amazon

出典:『Pre-mo(プレモ)』2015年秋号「胎教ってどうやら本当にいいらしい」
※情報は掲載時のものです
イラスト/市川彰子

あなたにおすすめ

注目コラム