妊娠したら仕事続ける?それとも辞める?

コラム
公開日:2015/10/11
更新日:2016/08/24
妊娠したら仕事続ける?それとも辞める?

妊娠はうれしいことでもある反面、人生の選択を迫られるターニングポイントでもあります。決断にあたっての3大ポイントは「経済的に働く必要があるか」「働き続けられる職場環境か」「自分が仕事を続けたいか」です。自分のビジョンを明確に持って、後悔のないよう決断しましょう。また、子どもの成長は早いもので、小さいうちは大変でも、手がかからなくなるまでは意外にあっという間という先輩ママの声も。また仕事を「辞める」「辞めない」によって、生涯賃金にもかなりの差が出るのも事実。長い目で人生設計を考えたいですね。

先輩ママのリアルvoice・妊娠が判明して仕事を続けた?

先輩ママたちの本音をズバッと聞いてみました。妊娠がわかって仕事を続けた人、辞めた人のその後をチェックしてみてください。

■続けた! 56%

理由1位 経済的な理由

理由2位 会社の制度が充実していたから

理由3位 仕事が生きがい

理由4位 育児だけより働くほうがラク

理由5位 家にとじこもりたくない

「経済的に自立したいし、自分のものを気兼ねなく買いたいから」という理由が圧倒的多数。次に多かったのが「産休、育休」「時短勤務」「子の看護休暇」など会社の制度が充実しているからというもの。自分自身が「仕事そのものが好きか」ということも重要です!

【続けてよかったこと】

・経済的にも余裕ができるし、仕事をすることで生活にメリハリが。ママ友だけでなく、職場仲間や患者さんなどいろいろな人とかかわれることで常に新鮮なきもちに(Yさん・歯科衛生士)

・会社の制度が整っていて、育児休業給付金など手当てがきちんともらえるのがよかった。子持ちで再就職先を見つけるのは大変だし、戻る場所が確保されているのは精神的にも安心(Yさん・バイト)

【続けて大変なこと】

・育休中は子どもを19時には寝かせていたけど、復帰後は遅くなってしまうのが心苦しい。帰宅後は夕飯→おふろ→歯みがきをしたらあっという間に就寝時間で毎日バタバタ(Nさん・非常勤職員)

・子どもが体調をくずし、早退しなければならないとき、職場のみんなに迷惑をかけている気がしてツラい。迎えに行って体調の悪い子どもをみると、さらに申し訳ない気持ちになる(Tさん・会社員)

■辞めた! 43%

理由1位 仕事の内容として継続が難しい

理由2位 子どもとの時間を大切にしたい

理由3位 体調不良

理由4位 職場の雰囲気が悪い

理由5位 産休制度がない

ママ自身には働きたいという意思があっても、制度や仕事の内容的に働きづらく、辞めざるを得なかった悲しいケースが多数。なかには、パートや契約などで産休・育休制度がなく、選択肢すらなかったママも。ほかには、思いつわりや切迫流産でそのまま辞めるパターンも。

【辞めてよかったこと】

・子どもの成長を一番近くで見守ることができるのが喜び。子ども中心の生活リズムを保てて、自分自身も健康的な生活が遅れます。とにかく、ストレスフリー!(Mさん・産業主婦)

・妊娠が判明してすぐ辞めたので、仕事のストレスもなく自分とベビーのためだけに快適なマタニティーライフをすごせました。ベビーグッズもゆっくり選べて楽しかったな。(Kさん・専業主婦)

【辞めて大変なこと】

・自分が稼いだお金じゃないと思うと、ほしい服やちょっとした日用品を買うことですら罪悪感を持ってしまいます。子どものグッズも値札とにらめっこしてから買うように(Nさん・専業主婦)

・マイホームを購入したタイミングで会社を急きょ辞めたので、ローンの返済予定が大幅にくるってしまいました。私の給料分も含めたプランにしていたので大変!(Yさん・専業主婦)

続ける?辞める?でこんなに差が出る生涯賃金

妊娠しても産休・育休をとって、復帰し働き続けるママと、いったん辞めて5年後に再就職するママとでは生涯賃金にこんなに大きな差が!

①正社員かつ給料の上昇率が3%で働き続けた場合…生涯賃金が1億8090万円

②正社員かつ給料の上昇率が1%で働き続けた場合…生涯地銀が1億1983万円

③一度辞めて正社員で再就職し、給料の上昇率が1%で働き続けた場合…生涯賃金が7475万円

④一度辞めてパートで夫の扶養内として働き続けた場合…2600万

再就職するとしても、小さい子どもがいて、再就職先を探すのはなかなか困難。あまりブランクをあけないほうがいいのかも!?

ms20150910ks02

buy-button-amazon

出典:First Pre-mo2015秋冬号 ※情報は掲載時のものになります。

あなたにおすすめ

注目コラム