意外と当たってる!? ママの血液型別子育てのコツ

コラム 2017/10/18更新
意外と当たってる!? ママの血液型別子育てのコツ

毎日の育児は忙しく、そしてめまぐるしく過ぎていく!そんなママはたくさんいることと思います。もっと上手に育児をするには??と思っているママに意外なコツを伝授します。ママの血液型別で子育て方法のちょっとしたコツをあげてみました。意外と当たってるなんてことがあればぜひ、チェックしてみてくださいね。

A型ママは心配事ばかりに目を向けずときには童心にかえって遊んじゃおう

責任感が強く、緻密で完璧主義といわれるA型さんは、ちょっと心配性な一面もあるみたい。子どもに対しても、ついつい心配が先に立ってしまいがちではないですか?責任感が強いことはすばらしいことですが、子育てでは「これくらいで大丈夫!」と自分に言い聞かせて、ドンと構えたほうがいいこともたくさんあります。子どもを素敵な大人に育て上げるのは「責任」であると同時に「楽しみ」でもあるもの。ときには童心にかえって、子どもと思いっきり遊んじゃいましょう。

●A型の子どもとのかかわり方は?

ママの言動を理解しようとするこまやかさがある半面、大人の期待にこたえようとがんばりすぎてストレスをためる傾向が。A型の子どもにはママがおおらかな気持ちで接することがポイントです。傷つきやすい一面もあるので、しつけのときにはまずほめて。そのあとしっかりと必要なことを言い聞かせましょう

B型ママはストレートに愛情表現を。なんでもOKの放任主義に注意して

柔軟思考で育児を楽しめるのがB型ママ。子育てでは子どもの自主性を重んじる傾向があるようです。でも、それが過ぎると、マナーやルール違反についても無頓着な放任主義に。子どもにも社会性がきちんと身につくよう、必要なしつけには手を抜かないでください。マイペースであるとともにシャイな人が多いのもB型さんの傾向です。子どもはママの気持ちがつかめず、不安に感じることもあるみたい。愛情表現は「大好きよ!」「かわいい!」とストレートにぶつけて、思い切りベタベタしてしまいましょう。

●B型の子どもとのかかわり方は?

マイペースで気まぐれなB型っ子は、予測不能の行動に出て周囲を驚かすこともしばしば。ほかの子と同じように行動しないことこそがB型ちゃんの個性ですから、型にはめようとしすぎないで。危険なことやルール違反に対しては注意し、あとはおおらかな気持ちで見守ってあげましょう。

O型ママは一歩下がって冷静に愛情を押し付けすぎないよう心がけて

天真らんまんで母性豊かな人が多いのがO型の特徴です。そしてO型ママの愛情表現はストレート。わが子のためならどんなことでもいとわない肝っ玉母さんでもあります。ただ、そんな愛情が強すぎて子どもやパパを束縛しがちな傾向が。「この子の才能は私が伸ばす!」と、猛烈は教育ママに変貌する可能性があります。あまりにも強すぎる愛情や期待は子供の負担になることを、心にとめておきましょう。自分の愛情を押しつけすぎないようにすると、子どもはママの豊かな愛情を感じてのびのび育っていくはずです。

●O型の子どもとのかかわり方は?

喜怒哀楽がはっきりしていて、甘えん坊なのがO型ちゃん。肌がふれ合うスキンシップが好きなのは愛情を確認して安心したいから。赤ちゃん時代は後追いがはげしいなど、ちょっと大変かもしれませんが、甘えてくるうちは思い切り甘えさせてあげてください。

AB型ママはたまには理性を捨ててわが子を思いっきり「ひいき」しよう

AB型ママは多面的に物事を見て、合理的に対処する頭脳派です。わが子のことも客観的に見て、教えるべきことはしっかり教えます。ただ、理性的に判断しようとするあまり、しつけが厳しくなる傾向が。ママの正しさが常に子どもに伝わるとは限りません。伝え方に工夫が必要だったり、時期を待たなければ伝わらなかったりすることも。「子どものため」というママの思いをから回りさせないためにも、ときにはわが子を無条件でひいきめに見てあげましょう。ママはあなたの絶対的な味方だよと伝えて、子どもに安心できる避難場所を用意してあげてください。

●AB型の子どもとのかかわり方は?

周囲から一歩ひいて見ていることが多く、新しいものにふれるとまず警戒心をいだくことが多いAB型ちゃん。「引っ込み思案で困る」なんて言わないで。しっかりと自分の目で確認して判断しようとしているんです。初めての場所へ行く、食べたことのないものが食卓に出るなどしたら、ママが「初めての体験」を楽しんでいる様子を見させて安心させてあげましょう。

出典:子育てウツからスルリと抜け出す100のコツ 
※情報は掲載時のものになります。


関連記事 もっと見る

あなたにおすすめ