離乳食の今、絶対に知っておきたいこと

コラム
公開日:2015/09/14
更新日:2018/08/29
離乳食の今、絶対に知っておきたいこと

家族みんなで笑って食卓を囲めればいいけれど、大人は交代制で食べて、だれかが赤ちゃんに食べさせることになりがちな離乳食期。もっと気ラクに、もっと楽しくする方法、ありませんか? 最新刊『離乳食Baby-mo』に書かれている、今知っておきたいことをダイジェストにお見せします。

rb20150914am02

離乳食って実は中断していい!ときもあるんです

はじめて何かをするときって、大人だって勇気、思いきり、好奇心がいりますよね。赤ちゃんにとってはじめて固形物を食べることはドキドキのはず。離乳食はトレーニングではなく、“食べることに慣れるための練習”なので、食べる食べないで一喜一憂せず中断していいときもあります。

コップ飲みは練習しないとできるようになりません!

ごく日常の“コップで飲む”ということ。実は、口と手指が発達し、練習をしないとできません。ちなみにストローは使えなくても、発達上は問題ありません。

手づかみで食べることは将来の描く、書くにつながります

手づかみを始めたらエンドレス、汚れる~、片づけがタイヘンなんて言わないで。見る→つかむ・つまむ→口に運ぶ・食べる一連の動きは、実はとても複雑で、脳にとってもいいんです。この発達により、幼児期のクレヨンで描いたり、文字を書いたりすることにつながっていきます。

カミカミ、パクパク期ごろは味つけも少量ならOKに!

素材の味を大切にしたい離乳食期。ほんのりであれば、カミカミ期ごろから調味料も使えます。ただし濃い味は慣れてエスカレートしがちなので要注意!

いい歯並びのために必要なこと「しっかり歯みがき」「よくかむ」

乳歯がむし歯になると、永久歯が生えるためのスペースがせまくなってしまいます。よくかまないでいると、あごが細いまま発育しないこともあります。はじめるなら赤ちゃん時代の今から、「しっかり歯みがきすること」「よくかんで食べる」ことが大切です。

以上『離乳食Baby-mo』から抜粋しました。ほかにも離乳食の今だから知っておきたいこと、「知らなかった」と後悔したくないことが盛りだくさんです。

離乳食Baby-mo―0~2才 食体験は一生モノ ! (主婦の友生活シリーズ)
離乳食Baby-mo―0~2才 食体験は一生モノ ! (主婦の友生活シリーズ)

撮影/土屋哲朗(主婦の友社写真課) イラスト/椙浦由宇
出典:離乳食Baby-mo(ベビモ)

あなたにおすすめ

注目コラム