赤ちゃんの寝かしつけにきく意外なスキンシップ

コラム
公開日:2015/09/05
更新日:2016/08/23
赤ちゃんの寝かしつけにきく意外なスキンシップ

毎日の赤ちゃんの寝かしつけは、思い通りにはうまくいかないもの。そんなときに試してみたいママと赤ちゃんの寝かしつけスキンシップを伝授します。赤ちゃんによって効果はさまざまですが、試してみる価値アリ!

耳や髪の生えぎわマッサージ

不思議なことに赤ちゃんの体にはやさしくさわってあげると眠くなるツボがたくさんあるんです。そのひとつが耳や髪の生え際あたり。耳たぶをやさしくもみもみしたり、髪の生え際をさわってあげると眠ってしまう赤ちゃんが。特に眠くなると耳をさわり始めるという赤ちゃんに効果的。

おしりをなでなで&もみもみ

トントンする場所といえば真っ先に赤ちゃんの背中が浮かびますが、背中よりもおしりをトントンするほうが眠くなるという赤ちゃんもいるようです。そしてトントンよりなでなで、もみもみすると眠りやすいという赤ちゃんも。

ママの鼻息が子守歌

そのほかにも不思議なのがママの鼻息を赤ちゃんの顔に吹き付けるという方法。添い寝しながら、もしくは抱っこしながらママは口をしっかり閉じて鼻息を赤ちゃんの顔にふー。なぜ眠くなるのか、その理由はよくわかりませんが、細い空気の動きがいいのかも!?

かゆくなる部分をそっとなでなで

耳の裏や小鼻など、赤ちゃんがいつもひっかき傷をつくりやすい場所は、実はその赤ちゃんが眠くなるとかゆくなる部分であることが多いんです。つまりそこがその赤ちゃんの寝かしつけのツボ。力を入れず指の腹でやさしくなでてあげると赤ちゃんは落ち着いて眠りの世界へ入っていきます。

出典:赤ちゃんがストンと眠る100のコツ 
※情報は掲載時のものです。

142890

buy-button-amazon

赤ちゃんがストンと眠る100のコツ [Kindle版]

赤ちゃんが寝なくて大変!寝かせるコツが知りたい!そんな人はこちらをクリック

あなたにおすすめ

注目コラム