赤ちゃんの寝かしつけ、ひと工夫するだけで成功!?テクニック

コラム
公開日:2015/09/02
更新日:2016/08/23
赤ちゃんの寝かしつけ、ひと工夫するだけで成功!?テクニック

ママにとって赤ちゃんがなかなか寝てくれないのは最大の悩み…。そんな寝るのがスムーズにいかない赤ちゃんに、意外な寝かしつけテクを伝授します。赤ちゃんによって効果のほどはさまざまです。いろんな方法を試してみてくださいね。

 ねんねするときの抱っこはちょっぴりきつめで密着度アップ!

寝かしつけのときに抱っこをすることは多いと思いますが、そのときいつもより少しだけきつめにすると赤ちゃんの寝つきがよくなることがあります。生まれたてや月齢の低い赤ちゃんは、自分の手足が動いただけでビクッと驚いて起きてしまうことが。赤ちゃんの動きを抑制するイメージで抱っこしてみて。

 換気扇を回す音やレジ袋がカサカサする音でなぜかとろり~ん

赤ちゃんがママのおなかの中で聞いていた胎内音。この胎内音に近い音をだすものがいくつかあります。ひとつは換気扇が回る「ボーッ」という音。不思議なことにいつの間にかスースー寝ていた、という赤ちゃんが意外といるようです。わが家の換気扇はあまり音がしないというときは耳元で「シーシー」とリズミカルにささやいてみましょう。もうひとつは赤ちゃんの耳のそばでレジ袋をカサカサさせ音を聞かせると寝ぐずっていた赤ちゃんの目がとろ~ん。胎内音を記憶しているからなのか、月齢の低い三カ月以内の赤ちゃんに効果が高いようです。ただし、レジ袋は窒息などの事故がおきないように袋の口は頭が入らないようしばっておき、寝付いたら必ず片づけることを習慣にしてください。

おなか「の」の字マッサージが効く!

赤ちゃんが便秘の時、おなかに「の」の字を描くマッサージ。実は寝かしつけにも効果を発揮するんです。赤ちゃんを布団に寝かせ、ママは添い寝をして赤ちゃんのおなかをやさしくなでてあげましょう。個人差はありますが、15分以内に寝てくれるというケースが多いようです。強い力を入れず、パジャマの上からゆっくりマッサージするのがコツです。

出典:赤ちゃんがストンと眠る100のコツ ※情報は掲載時のものです。

142890

buy-button-amazon

赤ちゃんがストンと眠る100のコツ [Kindle版]

赤ちゃんが寝なくて大変!寝かせるコツが知りたい!そんな人はこちらをクリック

あなたにおすすめ

注目コラム