お産の日は赤ちゃんが決める!? ~鮫島先生アドバイス【妊娠37週】

お産の日は赤ちゃんが決める!? ~鮫島先生アドバイス【妊娠37週】

連載 2人で読む【妊娠中期・後期】 安心マタニティ

予定日が近づくと「まだなの?」「どうなの?」と周りからも言われはじめ、「本人が一番知りたいんだから!」と思う。そんなこともよくありますね。予定日はあくまで、計算上の「予定日」。では実際に生まれてくる日は、どうやって決まるのでしょうか?


いつ生まれるかは、赤ちゃんに決めてもらう

いよいよ37週になりました。もういつ生まれてもいい段階です。

テレビドラマなどでは、いきなり強い陣痛がきて「生まれる!」としゃがみこむ場面がありますが、実際にはもっとジワジワとやってくるものです。

おなかのはりが強くなったり、おしるしのおりものがでたり、破水したり。「いよいよかな?」と思って産院に駆け込んでも、陣痛がおさまって帰されることもあります。

いつ生まれるかは、赤ちゃんに決めてもらいましょう。あなたは「いつでもどうぞ」の心境でいるといいのです。

理想は38週から39週ですから、おなかの赤ちゃんに「そろそろいいよ」「もう出ておいで」などと話しかけるのもいいかもしれません。

赤ちゃんは不思議と日程を聞いてくれる?

うちの産院は夫の立ち合い出産が基本なのですが、「○月○日まで出張なので、早く生まれると立ち合えなくなるんです。だから、毎日おなかの子に『ちょっと待っててね。終わったら飛んでくるから』と言い聞かせています」と真面目な顔で言う人もけっこういます。

そして実際、赤ちゃんはちゃんとその日程を避けて生まれてくることが多いから不思議です。

出産の主役はあなたです。病院のスタッフも、ご主人も、基本は脇役。そして、お産をともに乗り越えるパートナーはおなかの赤ちゃん。出産は孤独な戦いではありません。赤ちゃんとともに乗り越えていきましょう。


この連載について

安定期に入る妊娠中期&もうすぐお産の妊娠後期の週ごとのアドバイス。1つずつ読むごとに、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解できます。赤ちゃんの成長を実感して、自然とママになる心の準備も整うはず。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

お産直前でもまだ間に合う!安産するには「お産イメトレ」が大事 ~鮫島先生アドバイス【妊娠39週】

お産の日は赤ちゃんが決める!? ~鮫島先生アドバイス【妊娠37週】

お産のイメージはクラゲ!? 安産に必要なのは「ゆるむ力」~鮫島先生アドバイス【妊娠36週】

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :First Pre-mo、安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム