【旅育・第5回】イスラムの国に子連れで行ってみたら…

コラム
公開日:2015/06/18
【旅育・第5回】イスラムの国に子連れで行ってみたら…

1カ月間にわたる、フィリピンでの親子留学を終えた井上一家。いよいよ世界一周の旅の本格スタートです! まず向かったのは、マレーシア。いまの時代、イスラム圏の国に子連れで行くのは少し怖いと思ってしまいますが……あえてイスラム圏を目指した父の想いとは何だったのでしょうか。

あえてイスラム圏の国を子連れで旅する理由。

フィリピン留学の後は、マレーシア、ブルネイへと旅をスタート! イスラム圏の国々です。昨今のイスラムに対する報道のなかで、多くの方はイスラムに対してプラスのイメージを持っていないのではないでしょうか。

うちの子どもたちも、「イスラムの国に行くよっ!」と言ったら、「えっ、ダメだよ怖い~」って言っていました。だけど、メディアの報道だけで判断してほしくないし、実際に子どもたちが自分たちの肌で国や宗教というものを感じてほしいと思い、あえてイスラム圏を旅したいと考えました。(もちろん、危険情報は事前に念入りにチェックしています。) これまで私自身が旅してきて出逢ったイスラム系の人々の多くは非常に真面目で誠実で、ちょっぴりシャイ……少なくともネガティブな印象は持っていません。

今回はそんなイスラム圏の旅の様子の一部をお届けします。

shiki08
マレーシアのコタキナバルにて。ヒジャブ(スカーフ)を試着する娘たち。

shiki02

子どもたちはどこでも大人気。みんな本当に優しいです。

shiki03
ブルネイのオールドモスクにて。ブルネイは町が本当に綺麗で、人も町もとても落ち着いていて安定感があります。

shiki05

敬虔なイスラム教徒の方に、モスクの中までいろいろと案内いただきました。

shiki07

マレーシアのマラッカにて。移動中のバスの中で出逢った方のお家にお招きいただき、ランチとおやつをいただきました。最後は宿まで車で送ってくださり、皆さん本当に優しかったです。

shiki01

「パパ、イスラムって怖くないんだね」娘がポツリと言いました。

実際にイスラム圏を旅した感想を、子どもたちに聞いてみました。

「テレビとかで見ててイスラム教って怖いと思ていたけど、町もキレイだし、人もとってもやさしいんだね。パパ、イスラムって怖くないんだねえ」って言うんですよね。こんなふうに、実際に自分たちの肌でそれぞれの国や文化を感じてもらいたいと思ってこの旅に出たので、親としてもとても嬉しく感じました。

shiki04

⇒連載第6回は6月25日に更新予定!

【旅育・第1回】 僕らが家族で世界一周の旅に出る理由。

【旅育・第2回】いざ世界へ!一年間の旅の準備は何をする?

【旅育・第3回】家族で英語をマスターするためには?

【旅育・第4回】家族で語学留学・子どもの英語を上達させるには?

samurai_logo_tate
家族 4 名で世界を巡り、 「世界の中での JAPAN」を発見・発信する1年間の “ 旅育 ” プロジェクト。日本(SAMURAI)の家族代表として、一家4人で世界一周の旅へ。世界で活躍するSAMURAI(日本の人、企業、製品、文化)の取材をはじめ、「世界の中でのJAPAN」を発見&発信。多くの事象に出逢うことで、旅を通じ家族としても成長し、豊かな未来を描く「旅育」も目ざしている。

父・井上 浩一:1980年生まれ、大阪出身。クリエイティブディレクター。
母・梢:1981年生まれ、鳥取出身。
お嬢1・心音(しのん):2008 年生まれの7才。
お嬢2・志奏(ここな):2012 年生まれの3才。
-------------------------------------------------
SAMURAI TRAVEL
 家族 4 名で世界を巡る “ 旅育 ” プロジェクト。
 ●Facebook
 www.facebook.com/samurai.travel.jp
 旅の様子を日々UPしております!
 ●e-mail
 samurai.travel2015@gmail.com
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム