赤ちゃんの肌着を選ぶとき、絶対知っておきたい5つのこと

コラム
公開日:2015/06/04
赤ちゃんの肌着を選ぶとき、絶対知っておきたい5つのこと

赤ちゃんが生まれて初めて身にまとうもの、それは「肌着」。生まれたその日から赤ちゃんを守ってくれる肌着は、着心地や機能にこだわって選んであげる必要があります。
出産準備で小さくてかわいらしい肌着を選ぶのは心踊るひとときですが、新生児の肌はプレママの想像以上にデリケート。見た目だけではなく、素材、縫製など、本当に赤ちゃんにとってやさしい肌着選びのチェックポイントをさぐってみましょう。

新生児の肌着選び、絶対に知っておきたいこと5

p20150525shiki04

赤ちゃんの肌着とひと口に言っても、形も色も素材も種類はさまざま。そこで、出産前のママが絶対に知っておきたい肌着選びのポイントを5つに絞って紹介します。

1 基本の組み合わせは「短肌着」+「コンビ肌着」

赤ちゃんの肌着にはさまざまな種類がありますが、どの季節でも必ず用意したいのは「短肌着」+「コンビ肌着」の2種類。

短肌着の上から、コンビ肌着を重ねて着せるのが基本です。直接肌に触れる短肌着には汗とりの役割が、コンビ肌着には保温性を高めて赤ちゃんの体温調節を助ける役割があります。

生まれたての赤ちゃん用のサイズは「50cm」。出産前に、50cmサイズをそれぞれ5~6枚は用意しておきましょう。

短肌着

p20150525shiki13

着丈の短い、赤ちゃんの肌着の基本タイプ。汗をとるために、吸湿性があり、やわらかい肌ざわりのものを選びたいもの。

コンビ肌着

p20150525shiki12

体温調整のため、短肌着の上から着用する肌着。股スナップつきなので、足の動きが活発になってもはだけません。

「コンビオール」という肌着も人気です!

p20150525shiki14

肌着をウエア感覚で着たい場合には、コンビオールがおすすめ。コンビ肌着よりも足まわりがピッタリしているので、足の動きが活発になった赤ちゃんにぴったり。

2 季節によって素材を選んで

一見、どれも同じように見える肌着の生地。でも、肌着に使われる生地にはいくつか種類があり、厚さや手ざわり、通気性などが異なります。着る季節に合わせて、赤ちゃんが快適に過ごせる生地の肌着を選びましょう。

【フライス】一年じゅういつでも快適

p20150525shiki24

肌ざわりやフィット感がよく、伸縮性や通気性にすぐれた赤ちゃんの肌着の定番生地。一年を通して、愛用できます。

【天竺】春夏に、さらっとさわやかで気持ちよい

p20150525shiki22

薄手の平編み地で、通気性に優れています。さらっとしたさわやかな肌ざわりで、春から夏にかけての時期におすすめです。

【ニットガーゼ】秋冬に、やさしくふんわりした肌ざわり

p20150525shiki23

薄手の平編みの天竺を2枚合わせにしてできる空気層が、高い保温効果を発揮。ふわふわとしたやわらかい肌ざわりも特長。

3 肌ざわりは実際に生地にさわって確認

肌着を買う前には、できるだけ実際にさわってみて、肌あたりがよいか確認するのがベター。やわらかでふんわりとした肌あたりがおすすめです。また、伸縮性についてもさわってチェックしてみましょう。赤ちゃんは全身を活発に動かすので、動きに合わせて伸縮する生地の肌着を着せてあげたいですね。

4 タグや縫い目は外側についてる?

デリケートな赤ちゃんの肌を刺激しないよう、タグや縫い目が外側にあるタイプを選びましょう。赤ちゃんは不快感を言葉で伝えることができないので、あらかじめ細部にまで気をつかってあげたいものですね。

5 縫製で赤ちゃんの快適さが決まる

縫い目が少なければ少ないほど、肌あたりがよく、赤ちゃんのストレスを軽減できます。メーカーによっては、1枚の生地をぜいたくに使った、脇はぎに縫い目のないものもあり、伸縮性にも優れ、肌にやさしく安心です。

また、赤ちゃんの腕の自然な動きを妨げないように、特殊な縫製で立体的な構造にするという工夫をほどこした肌着もあります。赤ちゃんのためには、できるだけ肌ストレスを感じないものを選んであげたいですね。

先輩ママ教えて、新生児の「肌着選び」のポイントは?

よく伸びる生地の肌着なら、お着替えもしやすいです

p20150525shik08i

E・Pさん Kくん(2カ月)

外国製の肌着も持っているのですが、生地があまり伸びなくてお着替えにあたふた……。日本製の肌着はきちんと作られているんだなぁと実感しました。特に生地がよく伸びる肌着はとても着せやすく、お着替えのストレスが減りました。

縫製や生地が上質な肌着なら、生まれたてから安心

p20150525shiki09

S・Hさん Hちゃん(1カ月)

いちばんお気に入りの肌着は、肌ざわりがとってもいいんです。すごくなめらかでやわらかいので、肌が少し敏感な娘にも安心して着せられました。タグや縫い目が外側に出ている配慮がある肌着も、うれしいですね。

 ▼「赤ちゃんの肌着選び」で迷ったら 
ミキハウス 出産準備サイトへGO! 

▼日本製・最高品質の肌着についてもっとくわしく知るには 
「天使のはぐ」ピュアベールシリーズ▼生まれたてのベビーを守ってくれそうな肌着ってどんなもの?
出産準備には「赤ちゃんが幸せになれる肌着」がマスト!

出典:『安産Pre-mo』 商品協力/ミキハウス 撮影/楠聖子
Z

あなたにおすすめ

注目コラム