出産予定日30日前には再チェック!お産入院の準備は万全?

コラム
公開日:2015/05/10
出産予定日30日前には再チェック!お産入院の準備は万全?

出産予定日30日前からお産を迎える前に「やっておいてよかった」あるいは「やっておけばよかった」と先輩ママたちが思っているのはどんなこと? 今のうちにできること、しておきましょう!

 お産入院の準備、本当に万全ですか?

出産予定日は妊娠40週と0日。この日付の3週間前、妊娠37週0日からは、いつお産が始まってもOKとされる「正期産」の時期となります。出産予定日30日前になったら、少し早めに入院準備の最後のチェックをしましょう。

_ND47486

早め早めの準備が◎ 大事なことは、紙にもメモを

お産の入院準備は、臨月になる前に始める人も多いようですが、ここで最終チェック。産院や夫、家族、友人など各種連絡先はスマホやケータイに入っているかもしれませんが、万が一、充電が切れたり、電波が届かないときにはどうにもなりません。一覧表にして紙に書き出しておくと、いざというときにも安心です。

先輩ママの声①まさか!出産予定日より2週間早く出産

陣痛が始まってから入院バッグに化粧品をあわてて入れたり、バタバタ!

1カ月前には準備バッチリに
しておけばよかったです……。

ずぼらさん・Sちゃん(3カ月)

先輩ママの声② だれが見てもすぐわかる連絡先メモをつくりました!

上の子のお産は所要時間2時間半と早く、お産が急激に進んだとき用に、A5くらいの紙に必要なことをすべて書いて持ち歩きました。自分の氏名や住所、電話番号から、夫の連絡先、病院の電話番号など。たとえば救急車を呼ぶようなことになったとき、ケータイで番号を見るより紙を見せたほうが早いですよね。
はるママさん・Hちゃん(7カ月)

破水対策には生理用ナプキンより、赤ちゃんグッズのコレがいい!

破水したとき用に、新生児用の紙おむつを1枚持ち歩いていました。実際、私は家で破水したけれど、生理用ナプキンくらいでは全然足りなかったと実感!
M・Aさん・Mくん(9カ月)

先輩ママたちが必ず持ち歩いていました!アイテムはコレ

□健康保険証
□ 母子健康手帳
□診察券
□ マタニティタクシーの登録カード
□ 安産のお守り
□現金5000~1万円(タクシー代として)
□ 破水対策ナプキンor紙おむつ
□ 各種連絡先を書いたメモ

臨月になったら、いつ出産になってもおかしくない!というわけで、ふだん持ち歩くものにも気をつけたいもの。健康保険証、母子健康手帳、かかりつけ産院の診察券といった妊娠中を通して携帯していたいものに加えて、いつでもタクシーに乗れるような準備を。

出産予定日が近いからといって心配しすぎる必要はありませんが、万一何かあったときの備えがあればちょっぴり怖さも減りそうですね。さっそく、いつものバッグ&お産入院バッグの中身を再チェックしてみましょう!

出典:『Pre-mo(プレモ)』2015春号「予定日30日前の過ごし方」
※情報は掲載時のものです。

あなたにおすすめ

注目コラム