これって破水!? まず何をすればいいの?

コラム
公開日:2015/04/07
これって破水!? まず何をすればいいの?

破水は「チョロチョロ」と少量出ることもあれば、ドッと大量に出る場合も。陣痛より先に起こった場合は注意するポイントがあるので、しっかりシミュレーションを!

1 ナプキンをあてるなど、まず自分で手当て

「破水した?」と感じたら、少量でも生理用ナプキンなどをあてましょう。尿もれと迷った場合も、念のため同様に。外出中に破水することもあるので、臨月になったら母子手帳、診察券とともにナプキンを持ち歩きましょう。

★ナプキンやタオルをあてる★

b20150411nagasawa04

破水が起こった位置によっては、かなりの量の羊水が流れ出ることもあります。量が多い場合は、夜用ナプキンや赤ちゃん用の紙おむつなど、吸収力が高いものを使って。ナプキンがないときは、清潔なタオルを当ててもOKです。

★バスタオルを腰に巻く★

破水の量が多く、ナプキンやタオルでももれるときは、バスタオルを腰に巻きましょう。車で移動する際にあると安心です。

「尿もれ」とはどうやって見分ける?

量が少ない場合、破水と尿もれを見分けるのはむずかしいので、自己判断しないことがたいせつです。産院では羊水を見分ける検査ができるので、迷ったときは必ず受診して確認してもらいましょう。

破水したら「してはいけない」ことは?

✕入浴(湯ぶねにつかる)

✕シャワートイレ

破水したとき、心配なのは腟から細菌が入って赤ちゃんが感染してしまうことです。お風呂、特に湯ぶねにつかるのは絶対にダメ。シャワートイレも雑菌が入る恐れがあるので、使わないで。

2 産院に連絡してから受診

b20150411nagasawa02

破水した場合や「破水かも」と迷った場合は、夜中であっても急いで産院に連絡しましょう。なるべく体を動かさないのがベターですが、大量に出ているのでなければ、車に移動するときなど、少し歩いたりしても大丈夫。念のため、破水の量などを伝えて、産院へ向かうときの注意点も確認しておいて。

3 破水していたら入院

できるだけ動かないようにして、車で向かいましょう。産院で破水が確認されたら、即入院となりますので、念のため入院グッズを持っていって。破水ではなと診断されたら、ひと安心。そのまま帰宅して、普段どおりの生活を。

突然の出来事にドッキリしてしまうけれど、まず手当てをしてから産院に連絡を。そのとき羊水の色もできれば確認して、産院に伝えましょう。

b20150402nagasawa01

お話/育良クリニック 院長
浦野晃義先生
帝京大学医学部卒業。麻酔や救命救急などにも詳しく、ママと赤ちゃんが安心・安全に過ごせるようサポート。おだやかな人柄で患者さんからの信頼のあついドクターです。
撮影/柴田和宣(本誌写真課)
出典:Pre-mo(プレモ)2015冬春号「陣痛・破水……そのときどうする?」
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム