BCG予防接種後の経過を写真でチェック

コラム 公開日:2015/02/16
BCG予防接種後の経過を写真でチェック

定期接種でほぼ全員が受けるBCG。接種後に、あとがグズグズ膿んできたりして、「これってホントに大丈夫?」と気になりますね。実際の写真を見ながら、BCGについて解説します。

BCGは結核を予防するワクチン

BCG

結核はかつて、日本の死亡原因の第1位。抗結核菌が開発されるまでは、不治の病と恐れられていました。でも、結核は過去の病気ではありません。今でも毎年2万人以上の患者が発生し、2,000人以上が命を落としています。あなたの周囲に結核菌がいても、決して不思議ではないのです。

結核菌に感染しても、健康な大人は多くの場合、免疫力で菌を抑えこんでしまいます。でも、赤ちゃんは発病する可能性大。結核菌は体内で増殖し、体の組織を冒していきます。また、赤ちゃんは結核性髄膜炎を起こして死亡したり、重い後遺症を残したりすることも。そしてまた、結核の免疫はママからもらえないので、生後間もない赤ちゃんでも感染する可能性があるんです。

結核の予防に最も効果的なのがBCG。生後すぐから1才未満までは定期接種なので無料で受けられます。定期健診の際に行われることもあります。接種は1回。ヒブや肺炎球菌の接種が終わった後、四種混合との同時接種で5~8カ月ごろに受けるケースが多いようです。

予防接種は注射ではなくスタンプ式

BCGの接種直後
BCGの接種直後。少し動いたのか、うっすら血がにじんでいるところも。

ところで、BCGの予防接種は注射ではありません。腕にワクチン液を塗り、そこに9本の針がついた丸いスタンプをギュッと押し付けます。押すのは2カ所。びっくりして泣いちゃう赤ちゃんもいますが、接種は数秒なので、しっかり腕を押さえましょう。

1カ月たつころにはかなり赤みが強くなることも

BCGの接種1ヶ月後

接種のあとは間もなく薄れていきますが、問題はその後。多くの場合、接種1カ月後ぐらいから針あとが再び盛り上がってきます。かなり大きく盛り上がることもあるので、不安になるママも。

BCGの接種1ヶ月後

接種1カ月後の写真がこちら。18個の針あとがはっきり盛り上がっています。免疫がきちんとついた証拠。盛り上がりはやがて少しずつ小さくなっていきます。

BCGの接種1ヶ月後
接種4週間後。大きく盛り上がり、針あとには膿が

同じ1カ月後ながら、こちらはかなり赤みが強いパターン。また、中には、膿を持って大きく盛り上がるケースもありますが、決して珍しいことではありません。心配しなくても大丈夫。

BCGの接種 5週間後

同じ赤ちゃんの接種5週間後。針あとがかさぶたになり、乾いてきました

接種後すぐに針あとが赤くなったら

このように、BCGのあとはいったん消えてから盛り上がってくるのですが、まれに接種後すぐに針あとが赤くなってくることがあります。これは「コッホ現象」と言われ、赤ちゃんがすでに結核菌に感染している可能性があります。接種後数日以内に赤くなってきたら、かかりつけ医を受診しましょう。
 ただしコッホ現象は、結核に感染していなくても起きることがあります。皮膚が敏感だとワクチンの刺激で炎症を起こしたりすることがあるからです。

BCGの接種一例

写真はその一例。接種の翌日に赤くはれてきましたが、針に反応した物理的刺激ということがわかりました。

針あとが盛り上がってこなかったら

BCGの接種後、時間がたっても針あとが盛り上がらない場合はどうでしょうか。この場合「免疫がついていないのでは?」と心配になりますが、盛り上がらないからと言って必ずしも免疫がついていないわけではありません。また、接種3カ月後ぐらいまでは盛り上がることがあるので、時期的な問題もあるのかもしれませんね。
どうしても免疫がついているかどうかを確認したい場合は、ツベルクリン反応を見る方法があります(ただし費用がかかります)。かかりつけ医や地域の保健センターに相談してみてください。

予防注射のあとやあざ・ほくろ、肌トラブル、病気の発疹の様子など、体の気がかりをもっと写真で見たい人は『はじめてママ&パパの0~6才病気とホームケア』をご覧ください。

出典 :はじめてママ&パパの 0~6才 病気とホームケア※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で一名様に当たる!東芝「TORNEO V cordless(トルネオ ヴィ コードレス)」プレゼント 9月2日まで 詳細はこちら
注目コラム