0才から始める!プレ・トイレトレーニング

コラム
公開日:2015/02/01
更新日:2017/02/17
0才から始める!プレ・トイレトレーニング

1才〜1才半ごろからおむつはずしにチャレンジするママが多数。トイレトレーニングを始める前の0才からできることがあるって知っていましたか? スムーズなおむつはずしのために0才からできる「プレ・トイレトレーニング」をプロの先生に教えていただきました。

おむつ替えの仕方でおむつはずしがスムーズに

先生がたが保育園で大切にしているのは、おむつ替えのときの語りかけ。「おむつを替えるとさっぱりするね」「きれいにすると気持ちいいね」といった声かけで、毎日のおむつ替えを親子のコミュニケーションの場にしていきましょう。1日に何度も行うおむつ交換だからこそ、毎日の積み重ね効果も。「濡れたら気持ち悪い」という感覚が身につき、おむつはずしもスムーズに進みます。新生児時代から、おむつはずしへの助走は始まっていると考えてもいいくらいです。
すでにトイレトレーニング中のベビーのおむつ交換も、ポイントはいっしょ。「おしっこが出てすっきりしたね」など、ポジティブな声かけで、「すっきり感」を親子で共有して。おむつの中におしっこをしてしまったとしても、トイレでできなかったことを責めるのは逆効果です。

さあ、おむつを替えましょう

おむつが濡れたら、こまめに交換! 「おむつ濡れてないかな、見てみようね」。おむつ替えを嫌がるときは、おもちゃなどで気をひいても◎。


おむつ替えは気持ちいいこと・・・というのを、ママのにこやかな表情などからも感じてもらえるような働きかけがベスト♪

さっぱり気持ちいいね♪

「いっぱい出たね」「きれいにふけたよ」「新しいおむつでーす!」。ママの行動を実況中継するのもおすすめ。終わったら、「気持ちいいね」と笑顔で抱っこを。


毎日何回もあるおむつ替え。つい急いでしまいたくなることもあるけれど、なるべく言葉をかけてあげながら行ってあげて。

【0才〜おむつはずし完了期】おむつはずしなんでもQA

Q おむつはずしにかかる期間はどれくらい?

A トレーニング期間は1年が目安。「早くとれたから優秀」「遅いからダメ」というものではありません。ママがあせると、親子ともにおむつはずしがストレスになってしまいます。気長にのんびり練習しましょう。

Q 補助便座とおまる、どっちも必要?

A おまるは排泄に、補助便座はトイレに慣れるためのもの。両方そろえる必要はありません。「おまるはできるけど、補助便座は一から教え直す」となると大変ですね。月齢にもよりますが、これから買うなら補助便座がおすすめ。

Q トイレをこわがるベビーにはどうしたら?

A まずは「トイレは楽しい場所」という印象づけを。明るく清潔感のある空間づくりをし、ベビーの気をひくグッズやおもちゃを置くなど工夫して。どうしても嫌がる場合は無理強いせず、しばらく時間をあけても。

Q 夜のおむつはいつごろまでOK?

A 日中はおむつなしで過ごせるようになっても、しばらくは夜もおねしょすることがあるのが普通です。朝までおむつが濡れていない日ができてきたら、夜のおむつはずしにもトライしていきましょう。

Q うんちをトイレでできるようになるのは何才ごろ?

A 尿意より便意を感じるほうが早いものの、うんちはおむつじゃなきゃダメ!という子もたくさんいます。トイレでできるのは2才後半から3才ころ。自分でおしりをふくことができるようになるのは、4〜5才になってからです。

季節や子どものトイレ間隔などをみて、トイレトレーニングをはじめたものの、なかなかすんなりはずれない・・・・という悩みはおむつはずしにつきもの。一進一退にヤキモキしながらも、そこはぐっと我慢! トイレでできなかったことを責めずに、じっくり気長につきあうというのが、遠回りのようで実はいちばんの近道なのかも知れませんね。

お話/社会福祉法人あすみ福祉会 茶々保育園グループ 海沼和代先生
出典:baby-mo(ベビモ)2014年秋冬号「0~2才までにやっておかなきゃランキング」
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム