赤ちゃんの「歯の生え方と歯ならび」の関係

コラム
公開日:2015/03/01
赤ちゃんの「歯の生え方と歯ならび」の関係

将来キレイな歯並びになるためには、赤ちゃんのうちから関係があるのでしょうか。気になる「歯の生え方と歯並び」を歯科医の先生に聞いてきました!

Q.生える順番と歯ならびは関係するの?

A 乳歯のうちはあまり気にしないで

一般的には下の歯→上の歯の順で生えますが、上から先に生えることもままあります。永久歯は6才臼歯(いちばん奥にある奥歯)から生える場合と、下の前歯から生える場合とがあります。乳歯の間は生える順番を気にせず、生えた歯をきちんとケアして虫歯にしないようにすることが大切です。

Q.歯の生え方がゆっくりです。離乳食の進め方もゆっくりすべき?

A 大きめに調理してしっかり噛む練習を

1才過ぎても歯が生えないと心配かもしれませんが、歯ぐきの奥に歯の芽が控えているのがX線検査で確認できれば、いずれ生えてきます。離乳食は歯ぐきでつぶせるかたさで少し大きめに調理し、しっかりと噛んで食べる習慣をつけましょう。

[caption id="attachment_16465" align="aligncenter" width="320"]しっかり噛むことがいい歯ならびにつながります しっかり噛むことがいい歯ならびにつながります[/caption]

お話/倉治ななえ先生(クラジ歯科院長)
出典:Baby-mo(ベビモ)
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム