赤ちゃんのオムツ替え~真冬の冷んやり対策編~

コラム
公開日:2014/01/16
更新日:2017/02/17
赤ちゃんのオムツ替え~真冬の冷んやり対策編~

普段なにげなくしているオムツ替えも冬は心配になるお世話のひとつ。おむつを外して冷気でひんやり、冷たいおしりふきでさらにひんやり…。赤ちゃんの快適なオムツ替えのためにテクニックを先輩ママたちに教えてもらいました。

おむつ替えが冷たいと泣く赤ちゃんも

季節によるパンツタイプとテープタイプの使い分け

パンツタイプのおむつ替えはズボンなどを全部脱がせるので、外でおむつ替えするときなどは寒そうです。テープタイプなら途中まで下ろすだけでOK。冬はそんな使い分けもしてみては? 下痢のときは、ぬるま湯でおしりを洗い、よく乾かしてからおむつをあてると、かぶれ予防に。

おしりふき用のウォーマーはやっぱり便利!

「冬のおしりふきは室内に置いてあってもヒンヤリして、そのままふくのはかわいそう。おしりふきウォーマーにセットして常にあたためておきました。すぐ使えて便利!」(2才9カ月女のコママ)


ほんのり明るいLEDライトで夜中でもすぐおしりふきが見つかる! クイックウォーマーLED+(ネオンオレンジ)4,500円+税/コンビ

おしりふき+カイロをセットにしておくとポッカポカ♡

「公園のベンチなど屋外で替えることもあり、冷たいおしりふきだとかわいそう! そこで、ポリ袋の中にカイロとおしりふきを入れておくと、あたたかくなっていました。」(2才男のコママ)


おうちではおしりふきウォーマーを、お出かけにはこのセットが手軽でいいですね!

冬はこたつにおしりふき!

「おしりふきをこたつであっためておくと、ベビーのおしりがヒヤッとしません。ジッパーつきビニール袋に入れておくと、水分の蒸発防止になりますよ。」(1才7カ月女のコママ)


そのままではなくビニール袋に入れてからこたつへ、を忘れずに。

少しでも赤ちゃんに不快な思いをさせたくない!というママたちの愛情がたっぷりのアイデアばかりですね。おむつ替えは1日に何回もするものだからこそ、楽しくスムーズにしたいもの。ぜひお試しを。

出典:baby-mo(ベビモ)2014-2015 冬春号「寒い冬 みんな何してるの?」
※情報は掲載時のものです

コチラもオススメ
男の子ベビーの秋冬服・買うべきリスト
育児の裏ワザ【おむつ替えのストレスを攻略!】

あなたにおすすめ

注目コラム