妊娠後期のセックスで気になること、気をつけたいこと

 専門家監修
公開日:2014/12/08
更新日:2017/02/12
妊娠後期のセックスで気になること、気をつけたいこと
監修
富阪美織先生
産婦人科医

予定日が近づき、赤ちゃんに会える日を指折り数えて待つ毎日は、幸せオーラ満開です。そんな妊婦さんたちがひそかに不安に思っているのが、妊娠後期のセックスのこと。産婦人科の富坂先生に、ズバリと疑問を聞いてきました。

あおむけの体位は苦しくなってきます

妊娠中の体位にタブーはありません。妊婦さんがつらさを感じないのなら、どんな体位でセックスしてもOK。ただ、妊娠末期にずっとあおむけの体勢でいると、血管(下大動脈)が圧迫されて気分が悪くなる人がいます。赤ちゃんへの影響はありませんが、つらくならないように体位を工夫して。横向きで抱き合う側臥位、座って向き合う座位などが比較的ラクかもしれません。

さかんに胎動があります。セックスしても大丈夫なの?

赤ちゃんは子宮の中で羊水とともに膜に包まれています。そして、子宮と腟との間には子宮頸管が。ですから、セックスをしてもペニスが赤ちゃんに直接ふれたりすることはありません。セックス中に胎動を感じたとしても、セックスとは無関係ですから安心してください。

セックスすると陣痛が始まるんじゃないかと不安です

予定日が近づいてきたら、いつ陣痛が始まってもおかしくありません。セックスのあとに陣痛が来る可能性もあります。それ以前の時期にセックスが引き金となって陣痛が起こることはほとんどありませんが、早産の傾向がある人は控えましょう。

出典:Pre-mo(プレモ)2014-2015冬号「妊娠中のSEX不安解消Q&A」より イラスト/岡本典子

こちらもチェック!

妊娠中のセックス いろんなことが気になります
https://millymilly.jp/column/15991
妊娠中のセックス これって大丈夫?
https://millymilly.jp/column/15983
妊娠初期のセックス こんなことが気になります
https://millymilly.jp/column/15989
妊娠中にセックス、流産の危険は?
https://millymilly.jp/column/15255

監修
富阪美織先生
産婦人科医

あなたにおすすめ

注目コラム