生後5~8カ月ベビーの育脳「遊んでグングン賢くなる!」

コラム
公開日:2014/10/28
更新日:2019/02/25
生後5~8カ月ベビーの育脳「遊んでグングン賢くなる!」

生後5~8カ月を過ぎるとおすわりができるようになり、ねんねのときよりも見える世界が広がります。目に見えるもの、触れるものすべてが赤ちゃんの好奇心を刺激! もちろん遊びの幅もぐんと広がります。いったいどんなことができるようになって、どんな遊びが好きになるの? 専門家に聞いてみました!

自分と他者の区別がつき、物に興味が

ikunou101

それまで、興味の対象が「人」だった赤ちゃんが、「物」に興味を持ち始めます。何にでも手を伸ばし、口に入れたり振ったり、ぶつけて音を出したりとあれこれ試して、おもちゃにも興味津々、

おすわりができるようになると、両手で物が持てるようになります。持ち手が細めのガラガラ、長い耳やしっぽのついたぬいぐるみなど、赤ちゃんの小さな手に合った大きさのおもちゃを持たせてあげましょう。また、音が鳴ったり光ったりするおもちゃや、起き上がりこぼしなども喜びます。

このころになると、自分と他者との区別がつくようになり、人見知りも始まります。また、物に興味が移り始めても、赤ちゃんにとって大好きなママは特別な存在。たくさんふれて、語りかけて、いろいろな遊びを楽しみましょう。

おすわりベビーの大好きな遊びはコレ!

■いないいないばあ

10281

アイコンタクトをとってから、ママが両手で顔を隠し、スタンダードな「いないいないばあ」。「いないいない」から「ばあ」までの“間”を毎回変えると、楽しさもアップ!

■こちょこちょこちょ

10283

目を合わせ、赤ちゃんの体をこちょこちょ。「くすぐったいのはどこかな~♪」などと節をつけて言い、期待感をあおりながらあちこちくすぐれば、笑顔がはじけること間違いナシ!

■ハンカチとれるかな?

10282

赤ちゃんの顔にタオルをかけて隠し、「いないいない」「あれー? ◯◯ちゃんいないよ」などと言ってみて。手でタオルを取りはらった瞬間に、「ばあ!」と言えば、思わずニッコリ。

監修/湘北短期大学保育学科准教授
岡本依子先生
専門は発達心理学。「赤ちゃんと親のコミュニケーション」を調査。2009年から2年間、アメリカの大学で客員研究員を務める。保育士、認証ベビーマッサージ指導者の資格を持つ。2児の母の顔も。
出典:育脳Baby-mo(ベビモ)「子どもは遊ぶことでグングン賢くなる!」
※情報は掲載時のものです。

「育脳Baby-mo」好評発売中です

ikunoubaby-moAmazon_100

こちらの記事もおすすめ!

生後5カ月の赤ちゃんの授乳スケジュール。母乳とミルク混合ママの24時間密着レポート!
生後5カ月の赤ちゃんの授乳スケジュール。母乳とミルク混合ママの24時間密着レポート!
授乳はママにとって大仕事。基本は母乳で、1日数回ミルクを足す混合で赤ちゃんを育てているママはどんな1日を過ごしているのでしょうか。生後5カ月の赤ちゃんと先輩ママの24時間からシミュレーションしてみましょう。妊婦さん必見です!
記事を読む
【医師監修】生後5ヶ月の赤ちゃんの成長や育児のポイントと授乳・離乳食は?
【医師監修】生後5ヶ月の赤ちゃんの成長や育児のポイントと授乳・離乳食は?
生後5ヶ月~6ヶ月未満の赤ちゃんの成長や育児のポイントなどをご紹介していきます。この時期、寝返りができるようになってきて、目が離せなくなります。ママやパパの顔も識別できるようになり、大きな声を出すようになりますます可愛さいっぱいです。夜泣きが始まる赤ちゃんもいるので、そういった場合はママもお昼寝して体力を温存しておきましょう。
記事を読む

あなたにおすすめ

注目コラム