妊娠中のつらい腰痛は、姿勢と湯たんぽケアで対策!

コラム
公開日:2014/02/23
妊娠中のつらい腰痛は、姿勢と湯たんぽケアで対策!

肩こりや腰痛、むくみにイライラ。病院に行くほどではないけれど、なんとなく調子が悪くて、すっきりしないことってありますよね。妊娠中の不快な症状、体を温めることで解決しましょう!

こんな姿勢になってない?

妊娠中は体重増加によって、おなかを突き出したり、そり返るような姿勢をとりがちです。おなかの重みも、腰の負担に。
こんな姿勢になってない?
重心が後ろになっている

おなかが出てくると体の前に重みがかかるため、バランスをとろうとして重心が後ろにかかります。足もがに股になっていることが。

この姿勢になろう!

上半身は、あごを引いて、鎖骨が水平になるようなイメージで、やや前に重心がくるように意識します。
この姿勢になろう!

<ここの筋肉を鍛えて!>

筋肉は発熱装置となって体を温めます。また、おしりやももといった下半身の大きな筋肉が、体を支えるので、安定期以降なら足腰の筋肉を鍛えて。ウオーキングがベストです。

<ひざが正面を向くように>

ひざがまっすぐ前を向くことで、骨盤が広がるのを防ぎます。

腰痛対策はまず姿勢から。血行のいい体づくりを

おなかが重くなると、無意識のうちに腰に負担をかける姿勢をとってしまうもの。腰痛対策の要は、姿勢です。重みで姿勢をくずさないよう、できるだけ意識しましょう。
腰痛は、下半身の筋力不足が大きな原因といわれています。筋肉には体の中で熱を生み出す発電所の役割があり、筋肉を動かさなければ体は確実に冷え、冷えると血行が悪くなって、痛みが出ることに。人間の体のなかでも、腰まわりからももにかけては大きな筋肉が集中しています。ここをしっかり動かして温めれば、血行のいい体づくりが効率よくでき、腰痛対策にも効果的です。

手のひらサイズ湯たんぽで、効率よく腰痛解消♪

用意するのは小さめ湯たんぽと、湯たんぽをぴったりつつむカバー。タオルに包んでもOKです。中に入れるお湯は70度前後が最適とされますが、体にあてたときじんわりと気持ちいいよう調節してみて。

41dtA5rJV8L

例/湯たんぽミニ550mlカバー付 (写真クリックでアマゾンをチェック)

温め POINT 1 仙骨(せんこつ)エリア

下半身に注ぐ血流の源流を温める
下半身に注ぐ血流の源流を温める
下半身に注ぐ血流の源流を温める

背骨をなぞっていって、おしりの割れ目の上あたりにある逆三角形のゾーンにあるのが仙骨で、背骨の土台でもあり、骨盤の中心になります。仙骨には血管や神経がたくさん通っているので、仙骨を温めると、下半身の血行の源流を温めることになり、下半身全体の血行がよくなります。仙骨に湯たんぽをあてますが、横向きに寝て、腰を丸めるようにしてあててもOKです。

下半身に注ぐ血流の源流を温める

少しうつぶせぎみの横向きに寝る、シムズの体位で試しても。リラックス度満点!

温め POINT 2 ももの前面

下半身の大きな筋肉を温める
下半身の大きな筋肉を温める
ももの筋肉は、人間の体でいちばん大きな筋肉です。ここに湯たんぽをあててあげると、下半身全体の血行を効率よく促すことができ、あたため効果抜群。いすなどに腰かけ、ラクな姿勢で温めましょう。左右どちらのももも、じんわりとあたたかく感じるまであてるのがコツ。

下半身に注ぐ血流の源流を温める
下半身の大きな筋肉を温める

足の冷えは腰痛の大きな原因になります。左右のもも前面を交互に温めて。

温め POINT 3 ひざの内側

女性のためのツボ・血海(けっかい)を温める
女性のためのツボ・血海(けっかい)を温める
ももの内側、ひざのあたりには、婦人科系に有効といわれている血海というツボがあります。いすに腰かけて、湯たんぽを挟んで座ることで、骨盤が左右からしまるので、骨盤のグラつきや姿勢のくずれから起こる腰痛対策にも◎。デスクワークをしながらできるので、職場でもOK。

下半身に注ぐ血流の源流を温める

血海のツボはももの内側、ひざのお皿から指2本分くらい上にいったところにあります。

温めるとラクになるのはどうして?

体が冷えていると、血液循環がスムーズにいかなくなり、流れてくれるはずの疲労物質が筋肉にたまり、こりや痛みの原因をつくります。それだけではなく、消化器官への血行も悪くなり、内臓の働きが落ち、疲れやすい体になってしまいます。また、肩こりは万病のもとといわれるように、肩がこると頭への血流がとどこおりやすくなり、全身の不調を呼びやすくなります。反対に、血行がよければ、こりや痛みなどの不快な症状に悩まされることも減り、体調そのものも改善されるはずです。血行のいい、温かい体づくりは、心身ともに元気でいられるための必要条件なのです。

山本綾乃先生・写真

お話/はりきゅう・マッサージ うさぎ堂 
山本綾乃先生
女性専門のはりきゅう・マッサージうさぎ堂院長。女性特有の疾患に力を注ぎ、東洋医学のほか、伝承的な民間療法を取り入れた治療法が人気。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~usagidou/
イラスト/Akko
※情報は掲載時のものです

こちらもチェック!

マイナートラブルは温めセルフケアで、もっとラクになる!

あなたにおすすめ

注目コラム