これが人気、これは失敗!? 今どき出産祝い事情、教えます!

コラム
公開日:2014/02/25
更新日:2016/08/24
これが人気、これは失敗!? 今どき出産祝い事情、教えます!

「いくらぐらいのものをいただいた?」「おねだりした?」「もらって正直残念だったものは?」……などなど、出産祝いについての今どきデータを一挙公開。まずは最近の出産祝い事情について新宿伊勢丹の新生児・マタニティグッズご担当の亀田真理さんにお聞きしました。

名入れグッズなど、オリジナル性のある商品が人気!

オリジナル性のある商品が人気出産祝いの最近の傾向としては、名入れができるものやベビーを主人公にした「ウィッシングブック」などのパーソナルな商品が人気です。また、ベビーだけではなく、「ベビーウエアとママコスメ」といったベビーとママの両方を対象にした商品選びも目立ちます。贈る相手から事前に商品をリクエストされて、指名買いされるお客様もふえています。

出産祝いの予算は?

予算にはさまざまな幅がありますが、1万円以下の予算では、出産祝い金にプラスするギフトとして、また同僚などに単独でプレゼントされるお客様が目立ちます。1万~2万円の予算では、友人3~5名くらいでの割り勘ギフトや、親しい友人への単独のお祝いが多く、2万円以上の予算の場合は、親族など特に親しい方や日ごろお世話になっている方へ「いいもの」をプレゼントしたいというお客様が多いように思います。最近は20代前半から半ばくらいの若いグループの方が、1人あたり2,000~3,000円のお金を出し合って、コンサバで上品なもの、ひと目見てかわいい感じのものを購入されるケースが特にふえています。

リクエストで多いのは抱っこひもやベビーカー

リクエストを受けての指名買い商品は、長く使える実用品が多く、エルゴやベビービョルンなどの抱っこひも、マクラーレンなどのおしゃれなベビーカーに人気が集中しています。数年前に比べて、百貨店以外にベビーグッズ専門店や大型ショップ、通販など、購入する場所にさまざまな選択肢ができたにもかかわらず、当店で出産祝いを選ばれるお客様は、ほかとは違ういいもの、オリジナル性のある商品を希望される傾向がますます強くなっていると思います。特に名入れを含めたパーソナルな出産祝いの要望が多く見られ、「オンリーワン」な商品が好まれています。

bugabooバナー

Q1 出産祝いに何がほしいかリクエストしたことはありますか?

出産祝いに何がほしいかリクエストしたことはありますか?

 Pre-mo(プレモ)編集部でも出産祝いについて調査しました。すると、具体的にリクエストする人が圧倒的に多かったです。

Q2 誰にリクエストしましたか?

誰にリクエストしましたか?

出産祝いをリクエストしたことのある先輩ママは73%。多くの人が自分がほしいグッズや価格をリサーチしたうえで、リクエストしているようです。リクエストする場合は、ある程度細かい部分まで指定したほうが、選ぶ側もラクだし、ママも自分のほしいものが確実にゲットできるという意見が多く見られました。

金額別・人気商品ランキング

人気の出産祝いグッズを金額ごとにそれぞれ1~5位まで紹介。
リクエストするときの参考にしてください!

~3,000円 3,000~5,000円 5,000〜10,000円
1.スタイなどのベビー小物 1.ベビーウェア 1.メモリアルグッズ
2.おむつ 2.ベビー食器 2.ベビーウェア
3.離乳食便利グッズ 3.ブランケットやアフガン 3.家電製品
4.ベビー用CD・DVD・本 4.スタイなどのベビー小物 4.抱っこひも
5.ベビー食器 5.ママ向け産後グッズ 5.ベビーインテリアグッズ
10,000〜20,000円 20,000円~
1.抱っこひも 1.ベビーカー
2.ベビーウェア 2.チャイルドシート
3.ベビー用いす 3.ベビーベッドなどのベビー家具
4.ベビーインテリアグッズ 4.ママ用自転車
5.ベビーベッドなどのベビー家具 5.家電製品

3,000円以下では、第2位に実用品のおむつがランクイン。相手にリクエストを聞かれて迷ったときは、思いっきり実用的なものを指定するのもいいかもしれませんね。好みも関係ないので相手も選びやすいはず。

今もらえるならこれがほしい!

定番のベビーウエアについては、ふだん使いのものよりもちょっとおしゃれなお出かけ着やちょっと値が張るアウターがほしいという意見が多く見られました。また、ベビーグッズだけでなく、ママ用の産後下着やスキンケアアイテムもほしかったという声も。自分ではなかなか買わない名入れグッズのほか、いくらあってもOKなベビーのスキンケアグッズなどをほしいというママも多数いました。

成功談1 母とタッグを組んで父に高額グッズをおねだり

ベビーベッド、ベビー布団セット、ベビーカー、チャイルドシートなど、高額ベビーグッズはすべて両親におねだりしました。母と一緒に選ぶことで、「私たち二人で決めたの!」と父におねだりしやすかったです。今は子どもが使っている様子を見て、両親ともにとても喜んでいるので大成功でした。【Sくん(11カ月)のママ】

成功談2 先輩ママの経験・知識を信じて詳細はおまかせ

友人からほしいものを聞かれたとき、友人は2人の女の子のママで子どもが喜ぶものを知っているかなと思い、絵本やおもちゃがほしいと答えました。結果、とってもかわいい歯固めと数冊の絵本をいただきました。基本的に友人には、値段が安いものや価格帯に幅のあるグッズをおねだりするようにしました。【Nちゃん(5カ月)のママ】

成功談3 親には頻繁に使うものをおねだりするのが◎

ベビーが女の子でグッズをピンクで統一したかったので、事前に価格などをリサーチし、実母にはピンクのベビーカー、義母にはピンクのベビーベッドをリクエストしました。親に対しては日常的に使うものをリクエストすると、遊びに来たときにそれを見てとても喜んでくれるのでおすすめです。【Yちゃん(1才4カ月)のママ】

 失敗談1 自分の好みと合わないベビー服にガッカリ

友人には出産祝いにベビー服をリクエストしたのですが、実際にもらってみると自分の好みに合わないことも……。自分の好みに合わせて事前に色やイメージ、どのくらいのサイズがほしいなど、詳細を伝えておけばよかったと後悔しています。お気に入りのブランドを指定してもよかったかもしれません。【Yちゃん(10カ月)のママ】

失敗談2 無塗装を希望していたのに塗装ずみの積み木が

親戚に木のおもちゃをリクエストしたら、塗装された積み木が送られてきました。積み木をかんだりなめたりする赤ちゃんには無塗装のものがいいと思っていたので、きちんと伝えなかったことを後悔。積み木を落としたり、ぶつけたりすると、塗装が床などについて色が落ちないこともあり困っています。【Hくん(1才6カ月)のママ】

失敗談3 希望とは違うベビーカーを買うはめに

義理の両親にベビーカーをリクエスト。外国ブランドのものがほしかったのですが、一緒に写真スタジオに行った帰りにお店に行く流れになり……。そこは希望のベビーカーの取り扱いがなかったので、結局希望とは違うものを購入。本当はベビーカー代としてお金をもらって、自分で購入したかったです。【Hくん(4カ月)のママ】

お話/新宿伊勢丹 マタニティ新生児
亀田真理さん
出典/Pre-mo(プレモ) イラスト/ハセガワアヤ
※情報は掲載時のものです。

こちらもチェック

妊娠中の体重管理の注意点
妊婦検診で赤ちゃんの元気度がわかる
お産開始サインはおしるし、破水、陣痛
母乳のために妊娠中からおっぱいケア
赤ちゃんの推定体重からわかること
つわりの症状と乗り切り方
逆子の対処法と出産方法

妊娠中のコレが知りたい!―⑧出産祝い事情編

木のおもちゃと子ども家具

あなたにおすすめ

注目コラム