パクパク期におすすめの簡単フリージング離乳食のレシピと作り方

コラム
公開日:2014/01/15
更新日:2018/11/01
パクパク期におすすめの簡単フリージング離乳食のレシピと作り方

少しの量を一回ずつ調理するのは大変だから、離乳食はまとめて作ってフリージングが断然ラク!離乳食づくりの時短になるパクパク期(11〜12カ月ごろ)におすすめのフリージング活用レシピをご紹介します♪

パクパク期ってこんな時期

歯ぐきでじょうずにかめるようになる時期です。かたさの目安は、力を軽く入れるとつぶれる平たい肉だんごくらい。 新しい食感や味わい、カラフルな盛りつけなどの工夫もたいせつにしましょう。

離乳食完了期(1歳~1歳6ヶ月ごろ・パクパク期)のおすすめレシピ!進め方や量、理想的な献立は?
離乳食完了期(1歳~1歳6ヶ月ごろ・パクパク期)のおすすめレシピ!進め方や量、理想的な献立は?
生後5~6ヶ月ごろからスタートした離乳食。いよいよゴール目前となるのが離乳食完了期です。これまで以上に食べ物に興味がわいたり、手づかみ食べやスプーンの使い方が上手になって「自分で食べたい」気持ちがグングン増す子も。この時期の離乳食の進め方やポイントをまとめました。簡単でおいしい、おすすめのレシピもあわせて紹介します。
記事を読む

きのことツナのパスタの作り方・レシピ

ツナとパスタの黄金コンビで完食間違いなし!

きのこを入れるととろみが出て、パスタが乾燥するのを防げます。
パスタはソースがからみやすい形を選んで。

きのことツナのパスタの作り方・レシピ

材料

玉ねぎ……20g
えのきだけ、しめじ……各60g
ズッキーニ……60g
ツナ水煮缶……80g(1缶)
マカロニ……40g
スープ……1カップ
オリーブオイル……少々

作り方

1、玉ねぎは2cm長さの薄切り、えのきだけとしめじは石づきを除いて1cm長さ、ズッキーニは1㎝角に切る。

2、マカロニは、たっぷりの熱湯で表示時間どおりにゆでる。

3、鍋にオリーブオイルを中火で熱し、玉ねぎをいため、しんなりしてきたらズッキーニ、きのこの順に加えてさっといためる。ツナ、マカロニ、スープを加えて2分ほど煮る。 

 4、を4つの容器に入れ、あら熱がとれたら冷凍する。

4回分

食べるときは?

ふた、またはラップをして電子レンジで約2分、かきまぜてさらに約1分加熱する。

白身魚のかき玉うどんの作り方・レシピ

かたくり粉の力で、卵のふわふわ感をキープ

煮汁に水どきかたくり粉を加えることで、解凍しても卵がボソボソにならず、ふんわり仕上がります。

白身魚のかき玉うどんの作り方・レシピ

材料

にんじん……40g
乾燥わかめ……小さじ2
白身魚(たい、ひらめなどの刺し身用)……40g
とき卵……1個分
うどん……320g
合わせだし……2カップ

A)
かたくり粉……大さじ1
水……大さじ2

作り方

1、にんじんは皮をむき、水からやわらかくゆで、梅型などで抜くか1cmの角切りにする。わかめは水でもどし、あらみじん切りにする。うどんは2cm長さに切る。

2、鍋にだしを入れて火にかけ、煮立ったら白身魚を加えて火を通し、あらめにほぐす。にんじん、うどんを加えて2分ほど煮て、でとろみをつけ、とき卵を回し入れて火を通す。

3、を4つの容器に入れ、わかめをのせ、ふたをして冷凍する。

4回分

食べるときは?

ふた、またはラップをして電子レンジで2~3分加熱する。自然解凍でもOK。

ポテトミートグラタンの作り方・レシピ

トマトジュースで肉のうまみを閉じ込めて

トマトジュースは塩分ゼロのものを選びます。
ミートソースはパスタにかけてもOK! いろいろ使えて便利。

ポテトミートグラタンの作り方・レシピ

材料

じゃがいも……320g
玉ねぎ……40g
合いびき肉……60g
トマトジュース……150ml
ブロッコリー……10g
粉チーズ……少々
バター……16g

作り方

1、じゃがいもは洗って、皮ごとラップに包み、電子レンジで約4分、裏返してさらに約2分30秒加熱する。熱いうちに皮をむき、あらくつぶす。

2、玉ねぎはみじん切りにする。

3、ブロッコリーは小房に分けてやわらかくゆで、1cm程度の大きさに切る。

4、鍋にバターを中火でとかし、の玉ねぎをしんなりするまでいため、合いびき肉を加えてポロポロになるまでいためたら、トマトジュースを加えて2分ほど煮る。

5、を4つの容器に入れ、をかける。のブロッコリーをのせ、粉チーズをふって冷凍する。

4回分

食べるときは?

ふた、またはラップをして電子レンジで2~3分加熱する

※小さじ1はml、大さじ1は15ml、1カップは200mlです。

※材料の分量は、特別な表記がない限り、皮や種をとり除いた可食部の重さをあらわしています。

※だしは基本的に、かつお節と昆布でとったものを使用していますが、ベビーフードのだしを使ってもOK。

※電子レンジの加熱時間は600Wが目安ですが、機種によって加減してください。

※ワンボウルを解凍するとき、ふたがレンジ加熱不可のものもあるので確認を。加熱可能でも、ぴったり閉じると膨張して破裂するおそれがあるので、軽くのせる程度にしてください。 

※解凍しきれていないときは、様子を見ながら10秒ずつ加熱時間を足しましょう。

中村陽子先生・写真

監修/中村陽子先生料理研究家。
手軽でおしゃれなレシピが得意。長女の陽ららちゃんは、生後4カ月から離乳食弁当が必要な保育園に通園中。「食べることへの興味を育ててあげたい」と、赤ちゃんにおいしくて、ママにはラクラクなメニューを日々研究しています。
出典:Baby-mo(ベビモ)「手づかみ食べ&ワンボウル〈完成形〉【フリージング離乳食】」
※情報は掲載時のものです

あわせて読みたい記事はこちら

あなたにおすすめ

注目コラム