母乳を美味しくする食材・食べちゃダメな食材は?

コラム
公開日:2015/04/30
母乳を美味しくする食材・食べちゃダメな食材は?

離乳食が始まる前の赤ちゃんにとって、ママのおっぱいは体も心も満たしてくれる最高の栄養です。お世話に精いっぱいで、ママ自身の食事がおろそかになってはいませんか? 母乳の原料はママの血液! 赤ちゃんにおいしいおっぱいをあげるためにも、ママの食生活を見直しましょう。

何を食べたらいい?難しく考える必要は一切なし!

普段の食生活で、ちょっと意識するだけでよりおいしいおっぱいがつくれます。おっぱいをつくっているのは、ママの血液。その血液をつくっているのは、食べ物です。ママの食事がおっぱいの原料になる、と考えれば、その重要性が感じられるはず。育児や家事、仕事で忙しい毎日のなかでも、しっかりとバランスのいい食事を心がけましょう。

脂肪分のとりすぎは、ドロドロおっぱいへの道…

母乳の成分のうち、最もママの食事内容に影響するのが脂肪分。とりすぎると、高カロリーで脂肪の多いドロッとしたおっぱいになり、乳腺に詰まりやすくなるので注意が必要です。分泌が悪くなると、乳腺炎などのトラブルに発展することも。

おっぱいはママの血液からつくられる!

ママの乳房に運ばれた血液は、乳腺で乳汁につくりかえられます。血液からつくられる母乳が乳白色なのは、その過程で赤血球がとり込まれないため。栄養分や白血球はとり込まれて、赤ちゃんが飲む「おっぱい」になるのです。

ストレスは、おっぱいの敵!

ただし、おっぱいにいい食生活をめざすあまりに、「これもダメ、あれもダメ」とガマンばかりするのはNG。ストレスを感じ続けていると、ホルモンにも影響が出て、おっぱいの出が悪くなってしまうことも。無理なく、楽しく!が大切。

水分はたっぷりと!1日1000〜1200ml以上を

1日につくられるおっぱいの量は、平均600〜1000ml。授乳期のママは、栄養はもちろんのこと、水分をたっぷりとることが大切。カフェインや糖分が多い飲み物はなるべく避け、ミネラルウオーターやあたたかいお茶などを飲みましょう。

おっぱいをおいしくする食事。お手本は、和食の献立

おっぱいの味をランクアップさせる食べ物ってあるのでしょうか?
美味おっぱいへの近道を知りたい!おバランスのよい食事のお手本になるのが昔ながらの和食の献立。主食のごはんは水分が多く含まれ、消化にもすぐれています。野菜や海藻、魚、豆類、いも類などもメニューに取り入れやすく、ママの体にとってもヘルシーです。

気になる… これって食べちゃダメ…?

からみや甘みは、そのままおっぱいに影響する?素朴な疑問に答えます!

カレーなど、からいものは?

カレー

母乳がそのままからくなるわけではありません。普段食べているものなら問題なし。ただし胃腸の調子が悪くなるほどの激からはNG!

にんにくやしょうがは?

にんにくやしょうが

にんにくは、食べすぎるとママの体についたにおいが母乳の風味に影響してがいやがる子も。調理に使う程度なら問題なし。しょうがやわさびは食べても◎。

カフェインを含む飲み物は?

カフェイン

大量に飲むと、赤ちゃんがイライラ状態や不眠傾向になるという報告が。量は1日2〜3杯までにして、飲むなら授乳後にしましょう。

ケーキなどのスイーツは?

ケーキなどのスイーツは?

脂肪分が高めの洋菓子は、1つを午前と午後に分けて食べるなど工夫して。甘いものが食べたいときは和菓子を少量、がおすすめです。

アルコールは絶対ダメ?

アルコール

 ×

アルコールは血中に流れるので母乳にも影響します。なので、授乳中はノンアルコールドリンクを選びましょう。お祝いなどで、どうしても飲む場合は次の授乳までの間隔があるときに、コップに半分程度までに。授乳直前や飲みながらの授乳は絶対にやめましょう。

アイスクリームやシャーベットは?

アイスクリームやシャーベット

暑い夏は冷たいアイスが恋しくなりますが、脂肪や糖分が多いうえに、体を冷やしてしまう心配も。食べるときは少量にとどめて。

特定の食材ではなく「バランスよく」が大事

バランスよく多品種を
残念ながら「これを食べたら即おっぱいがおいしくなる! よく出るようになる!」という食べ物はありません。赤ちゃんが喜ぶおっぱいにするためには、幅広い食材をバランスよく食べること。何かをたくさん食べることではなく、いろいろな栄養素をまんべんなくとることが大切です。

11090-001

お話/東京医療保健大学医療保健学部看護学科/助産学専攻科教授
米山万里枝先生
ベテラン助産師として多くの妊婦さん、子育て中のママの相談にあたってきた経験から、あたたかく的確な指導が好評です。

イラスト/柿崎こうこ
出典:Baby-mo(ベビモ) 
※情報は公開時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム