離乳食フリージングで時短 魚・肉・大豆製品

コラム
公開日:2014/03/18
更新日:2016/08/25
離乳食フリージングで時短 魚・肉・大豆製品

魚や肉を離乳食用にフリージングしておくと、ママはとってもラク! いろいろなやり方があるなかで、簡単で、おいしく保存できる基本テクを、『フリージング離乳食』でおなじみのほりえさわこ先生に教わりました。

時短できる!フリージング方法はこちら

離乳食でよく使う、冷凍しやすい食材をピックアップ。おすすめの下ごしらえテク、時期別のフリージング方法をご紹介します。

フリージングおすすめ度を「★★★ほとんどのママがしている」「★★☆半数以上のママがしている」「★☆☆しているママもいる」で示しています。

やわらかさアップのコツは「水」と「かたくり粉」
魚・肉・大豆製品

魚(刺し身)
おすすめ度

魚(刺し身)
水を加えてチンすると、うまみが逃げずに“ふわっ”

刺し身3切れ(40g)に水(またはだし)大さじ1を加え、電子レンジで約30秒加熱。ゆでるより魚のうまみが逃げず、ふっくらします。

魚(刺し身)

魚(切り身)
おすすめ度

電子レンジ加熱がラク! 皮と骨をとり除いて
魚(切り身)
電子レンジで100gあたり1分を目安に加熱し、皮と骨をていねいに除きます。少量なら、刺し身と同様に水少々を加えてチンしても。

*冷凍するときの形状は魚(刺し身)を参照

しらす干し
おすすめ度

しらす干し
熱湯をかけて塩抜きし、棒状のキャンディ包みに

塩抜きしてから冷凍を。ざるに入れて熱湯を回しかけ、しっかりと水けをきって。棒状に包んで冷凍すると、すりおろしたり、刻んだりがラク。

棒状に包めば、ゴックン期は凍ったまますりおろしOK。

鶏ささ身
おすすめ度

そぎ切りで繊維を断ち、かたくり粉でふんわり
鶏ささ身
ささ身1本(50g)はそぎ切りにし、水大さじ1、かたくり粉小さじ1/2を加え、電子レンジで30〜40秒加熱。フォークでほぐします。

<アドバイス>
かたくり粉と水でふんわり仕上がりに

鶏ささ身

ひき肉
おすすめ度

ひき肉
水とかたくり粉をよくまぜ込んでチン

ひき肉(50g)に水大さじ1、かたくり粉小さじ1/2を加え、水分がなくなるまでまぜ、電子レンジで30〜40秒加熱。熱いうちにほぐして。

生の状態で水分をよく含ませてから加熱すると、肉がふっくら。

納豆
おすすめ度

納豆
パックから出して、1回分ずつ包んで冷凍

まとめ買いしたら、新鮮なうちに冷凍を。離乳食には「ひき割り」が便利。パックごとより、1回分ずつラップに包むと劣化を防げます。

食べるときは電子レンジで、解凍と同時に加熱すると安心。

10448-001
お話/ほりえさわこ先生
祖母、母と3世代で料理研究家。一男一女の母。テレビや雑誌での料理提案のほか、料理教室は祖母の代から50年以上続く。ほりえ家のレシピを伝えながら、ラクしておいしく作る、現役ママならではのアイデアが豊富!
出典:離乳食フリージング
※情報は掲載時のものです
こちらもチェック!

離乳食フリージング 始める前に
離乳食フリージングで時短 主食
離乳食フリージングで時短 野菜

あなたにおすすめ

注目コラム