離乳食フリージングで時短【主食編】

コラム
公開日:2014/03/17
更新日:2018/11/02
離乳食フリージングで時短【主食編】

最近のママはやっている、離乳食のフリージング。いろいろな方法があるけれど、冷凍ビギナーにもできて、おいしいまま保存できる基本テクを厳選しました。

時短できる!フリージング方法

離乳食でよく使う、冷凍しやすい食材をピックアップ。おすすめの下ごしらえテク、時期別のフリージング方法をご紹介します。

フリージングおすすめ度を「★★★ほとんどのママがしている」「★★☆半数以上のママがしている」「★☆☆しているママもいる」で示しています。

おかゆ
おすすめ度(★★★)

まとめて炊くと、おいしい&ラクできる

おかゆは少量だと水分が蒸発して作りにくいので、5〜10回分をまとめて炊いて、小分けで冷凍するのがおすすめ。熱々のうちにラップで包んだり、容器に入れて冷凍すると、解凍後も炊きたてのおいしさ。

おかゆ

食パン
おすすめ度(★★☆)

冷凍・解凍ともに早いのでフリージング向き

食パン

ゴックン〜カミカミ期は、スティック状に切っておくと好みの量を出しやすく、すりおろしたり、刻んだり、手づかみにしたりと使い勝手◎。

パクパク期は、ロールサンドや型抜きなどもできる、1枚サイズで。

パスタ
おすすめ度(★★☆)

熱湯でやわらかくゆで、食べやすい長さにカット

パスタ

塩を入れない熱湯でやわらかくゆで、カミカミ期は1〜2㎝、パクパク期は2〜3㎝長さに切って。

*冷凍するときの形状はゆでうどんを参照

さつまいも・じゃがいも
おすすめ度(★★☆)

じゃがいもは電子レンジ、さつまいもは炊飯器で

じゃがいもは電子レンジで1個(150g) 3分を目安に加熱。熱いうちに皮をむいて。さつまいもはアルミホイルに包み、炊飯器で米と同時に炊けばホクホクに!

さつまいも・じゃがいもさつまいも・じゃがいも

【写真上】

冷凍するときの形状はかぼちゃを参照

【写真下】

水加減はいつものままでOK。

<アドバイス>

さつまいもは炊飯器蒸しが断然甘い。

ゆでうどん
おすすめ度(★★★)

ゴックン期以外は切って冷凍するとラク

さっと水洗いすると、ぬるぬるせずに刻むのがラク。食べさせるときに必ず、解凍と同時に煮るなどして、加熱しましょう。

ゆでうどん

お話/ほりえさわこ先生
祖母、母と3世代で料理研究家。一男一女の母。テレビや雑誌での料理提案のほか、料理教室は祖母の代から50年以上続く。ほりえ家のレシピを伝えながら、ラクしておいしく作る、現役ママならではのアイデアが豊富!
出典:離乳食フリージング
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム