離乳食フリージング 始める前に

コラム
公開日:2014/03/17
更新日:2016/08/25
離乳食フリージング 始める前に

賢いママはみんなやってる! 食材のまとめ調理&フリージング。 いろいろなやり方があるけれど、冷凍ビギナーにも簡単で、おいしく保存できる基本テクを厳選しました。どんどんマネして!

フリージングしておけば毎日がこーんなにラク

毎日とっても忙しいのに、イチから離乳食を作るなんて、ママは大変すぎ! 冷凍庫に下ごしらえずみの食材があるだけで、心にゆとりが生まれます。 毎日の調理時間が短くなる 下ごしらえをまとめちゃえば! 毎日の調理時間が短くなる 離乳食で使う食材は10g、20gなど、ごく少量。だから、まとめ調理 → フリージングが効率的です! いちいち下ごしらえしないですむから、毎日の調理が断然ラク♪

家計にやさしい 材料のムダが少なくなって! 家計にやさしい 食材を新鮮なうちに調理して保存できることが冷凍のメリット。「少量しか使わなくて、残りがいたんじゃった」なんて失敗もナシ! 買った食材にムダが出ません。

待たせずに食べさせられる 1回分ずつ小分けにしておけば! 待たせずに食べさせられる ベビーはおなかがすくと、一瞬で腹ペコ怪獣に! そんなとき、冷凍庫から出してチン♪してすぐ食べさせられるフリージング食材は、ママの心強い助っ人です。

[ページ区切り]

それなら始めてみよー! フリージングの約束 7

1.調理器具は清潔に

待たせずに食べさせられる 冷凍しても細菌は死にません。包丁、まな板、保存容器はよく洗い、こまめに熱湯消毒すると安心です。

2.食材を新鮮なうちに

食材を新鮮なうちに 新鮮な食材を選び、栄養価とおいしさを保って冷凍するのが理想的! なるべく買ったその日のうちに冷凍を。

3.加熱後は、冷まして冷凍を

加熱後は、冷まして冷凍を ゆでた野菜はざるに広げて冷まして。おかゆやスープなど、熱々で容器に入れた場合も、必ず冷まして冷凍庫へ。

4.空気を抜いて密閉する

空気を抜いて密閉する 袋の空気を抜くことで、霜がつくのを防げます。平らにできない食材なら、ストローで吸うと簡単に真空状態に。

5.1回分ずつ使いやすく

1回分ずつ使いやすく 小分けにすれば冷凍や解凍が短時間で、使うときに計量する手間がなくてラク! 袋の場合は筋目をつけて。

6.1〜2週間で使い切る

1〜2週間で使い切る フリージング食材は、離乳食では1〜2週間で使いきるのが安心。食材名と日付を書いて、使い忘れを防いで。

7.与えるときは再加熱を

1〜2週間で使い切る 細菌対策には、加熱がいちばんです。 冷凍前に調理ずみのものでも、熱々になるまで再加熱してから食べさせて。

われらの味方★100均で手に入ります! フリージングアイテム図鑑

少量ずつ冷凍するのにぴったりのアイテムが、100均に目白押し! 時期別の形状や量に合わせて、使いやすいものを選びましょう。

水分の多いものがキューブ状に変身 製氷皿

製氷皿 <こんなときGood!!> ◎だし、スープ ◎野菜ピューレ ◎10倍がゆ

製氷皿 ゴックン期のドロドロ状の食材、だし、スープなどの液体を凍らすのに最適。1ブロックが大さじ1など、容量を知っておくと◎。 凍ったら、製氷皿から出してフリーザーバッグに入れ、再び冷凍。

<アドバイス>

必要な数だけ凍ったまま加熱 凍ったまま、鍋に入れて火にかけたり、耐熱容器に入れ電子レンジ加熱するだけ。

レンジが得意&繰り返し使えてエコ シリコンカップ

シリコンカップ <こんなときGood!!> ◎1食分の主食 ◎角切り野菜

シリコンカップ 耐冷耐熱性、耐水性に優れ、電子レンジ調理が大得意! 洗って繰り返し使えるので経済的。好みのサイズを選んで。 専用のふたつき容器に入れるか、保存容器に入れ、ふたをして冷凍。

<アドバイス>

ふんわりラップをかけてチン 電子レンジで解凍→加熱するとき、ラップをかけると水分の蒸発を防げます。

薄く平らに、空気を抜いて密閉冷凍 フリーザーバッグ

フリーザーバッグ <こんなときGood!!> ◎少量の主食 ◎とろとろした野菜 ◎ラップに包んだもの

フリーザーバッグ やわらかいおかゆやペースト状の野菜は、薄く平らにし、菜箸で筋目をつけて冷凍を。厚みがあると、手で折って出せないので注意。 小さく切ったトマトなども、重ならないように並べて密閉します。

<アドバイス>

水分を加えて加熱がおすすめ! 必要量を折って出し、水やだし少々を加えて加熱すると、やわらかい仕上がりに。

ぴっちり包める小分けの万能選手 ラップ

ラップ <こんなときGood!!> ◎少量の主食 ◎とろとろした野菜 ◎そのほかなんでも!

ラップ ある程度の形があるものなら何でも小分けでき、離乳食全般で大活躍。少量のゴックン期は小さめのラップが包みやすいです。 ラップは空気を通すので、さらに保存袋に入れて冷凍すれば万全。

<アドバイス>

包んでいたラップをふたに! 食材を耐熱容器に出し、包んでいたラップをふんわりかけて加熱します。

1食分を容器ごとチン!できちゃう 小分け容器

小分け容器 <こんなときGood!!> ◎1食分の主食 ◎角切り野菜

小分け容器 おかゆなど量の多い主食、ゆで野菜などの1食分を小分けするには、容器がラク! 冷凍と電子レンジOKか、チェックして。 重ねて収納できる角形が、庫内にムダが出ず省スペース。

<アドバイス>

軽くふたを開けて爆発を防止 ふたをきっちり閉めると、途中で爆発することがあるので、軽く開けてチンしましょう。

ほりえさわこ先生・写真

■指南役/ほりえさわこ先生 祖母、母と3世代で料理研究家。一男一女の母。テレビや雑誌での料理提案のほか、料理教室は祖母の代から50年以上続く。ほりえ家のレシピを伝えながら、ラクしておいしく作る、現役ママならではのアイデアが豊富! イラスト/佐々木千絵 出典:離乳食フリージング[そうだったんだ基本編]
こちらもチェック!

離乳食フリージングで時短 主食 離乳食フリージングで時短 野菜 離乳食フリージングで時短 魚・肉・大豆製品

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム