離乳食作りが時短に!下ごしらえの簡単テク

コラム 公開日:2013/09/03
離乳食作りが時短に!下ごしらえの簡単テク

離乳食と大人の食事、両方を作るのは意外とめんどうなもの。少しでも手間をはぶきたいママに、離乳食の下ごしらえに使える時短テクを紹介します。とっても簡単なので、今すぐトライしてみて!

スタッフがハマった第1位・炊飯器deさつまいも

sweetpotato

さつまいも(100gくらい)をアルミホイルで包み、普通に水加減した米といっしょに炊くだけ。ゆでると流れ出てしまううまみをグッと閉じ込めたまま、自然な甘さがつまった蒸しいもになります。「さつまいも炊飯器蒸しが断然あまいんです」と、ほりえさわこ先生。大人が食べる用のごはんも一緒に炊けるから便利ですよね!離乳食用にはつぶして、だしや野菜スープでのばしたり、スイートポテトボールにして食べさせてあげてください。

リピート率No.1はレンジdeじゃがいも

potato01

ママたちが離乳食にリピートしている食材第1位は……じゃがいも! 栄養価も高く保存性も高いので使いやすいようです。じゃがいもを皮つきのまま洗ってラップに包み、100gだったら2分、150gだったら3分(600wの場合)電子レンジで加熱するだけ(500wの場合は100gで約2分20秒、機種によって加減を)。電子レンジは内側から加熱するので、押して外までやわらかくなっていれば食べごろです。やけどに注意! 離乳食だけでなく、大人用のポテトサラダを作るときにも使えるから一石二鳥ですよね!

離乳食のじゃがいもはいつから?時期別レシピや量が知りたい!
離乳食のじゃがいもはいつから?時期別レシピや量が知りたい!
じゃがいもは、熱や力のもとになるエネルギー源食品。デンプン質が多く、ビタミンCのほかカリウム、食物繊維も含んでいます。しかも、加熱すれば簡単にやわらかくなり、クセのない味で、離乳食にもピッタリ!つぶす、煮るなどレシピも多彩です。ご飯やパンのかわりに主食として代用可能なのも嬉しい食材。ここでは、月齢に合わせた量やレシピ、保存方法をまとめて紹介します。
記事を読む

監修/ほりえさわこ先生
出典:フリージング離乳食
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム